コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごろごろ ゴロゴロ

デジタル大辞泉の解説

ごろ‐ごろ

[副](スル)
雷鳴のとどろき響く音、また、それに類する音を表す語。「雷がごろごろ鳴りだす」
大きくて重い物が、音を立ててゆっくり転がるさま。また、その音を表す語。「岩がごろごろ(と)転がり落ちる」
猫がのどを鳴らす声、また、そのような音を表す語。「腹が減ってごろごろいう」
あちこちに物が雑然と転がっているさま。「石がごろごろしている川原」
いくらでもあって、ありふれた存在であるさま。「世間にごろごろしている話」
何もしないで、暇をもてあましているさま。「一日じゅう家でごろごろしている」
目や腹の中に異物のあるさま。「目の中がごろごろして痛い」
[名]雷の幼児語。「ごろごろが来るよ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごろごろ

[1] ( 副 ) スル
かなり重い大きなものがころがるさま。また、その音を表す語。 「ドラム缶を-と転がす」
大きなものがたくさんころがっているさま。 「大きな石が-している」
雷鳴や、重いものが動いて立てる音を表す語。 「遠くで-鳴り出した」
猫がのどを鳴らす音を表す。
たくさんあって、ありふれているさま。 「そんな話なら世間に-している」
何もしないでだらけて時を過ごすさま。 「休みの日は一日中家で-している」
異物や塊があって、違和感があるさま。 「目が-する」
[4] ( 名 )
〔幼児語〕 かみなり。ごろごろさま。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ごろごろの関連キーワード単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス)目の老化と老化がまねく目の病気世界の神話にみる万象の起源大峰山の超名水 ごろごろ水セグロセキレイ(背黒鶺鴒)腸閉塞(イレウス)シェーグレン症候群ひょうたんから水磯(海や湖の岸)どうぶつしょうぎクサンティッペ乳糖不耐性下痢オートバイ競技β―グルカン芋虫ころころごろごろ様咽頭結膜熱自家中毒症気象音響学統合失調症

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごろごろの関連情報