コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイ アイ Ai

翻訳|Ai

7件 の用語解説(アイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイ
アイ
Ai

エルサレムの北方,東部カナン (現ヨルダン) の山中にあった古代の村落。神の言葉に従ってハランを出たアブラム (→アブラハム ) が,カナンに入って最初に天幕を張り,主の祭壇を設けたのがこのアイの西側であったとされる (創世記 12・8,13・4) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイ(eye)

目。目の形をしたもの。目の役をするもの。「アイライン」「マジックアイ

アイ(I/i)

英語のアルファベットの第9字。
〈I〉ローマ数字の「一」。
〈I〉《iodine沃素(ようそ)元素記号
i〉数学で、虚数単位。2乗して-1になる数。
〈I〉英語の代名詞で、私の意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アイ

アメリカのラッパー、ケンドリック・ラマーの曲。2014年にデジタル配信で発売。翌年発売のアルバム「トゥ・ピンプ・ア・バタフライ」に収録。アメリカのR&Bグループ、アイズレー・ブラザーズが1973年に発表した曲「ザット・レディ」をサンプリング使用している。第57回グラミー賞最優秀ラップパフォーマンス賞、最優秀ラップ楽曲賞受賞。原題《I》。

アイ

日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、秦基博。2010年発売。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アイ【eye】

目。また、目の形をしたもの。目の機能をもつもの。他の語と複合して用いられる。 「 --メーク」 「 --バンク」 「マジック--」 「カメラ--」

アイ【I・i】

英語のアルファベットの第九字。
ヨウ素(iodine)の元素記号( I )。
〘生〙 自家受精によって生じた子孫。世代数を右下に I1 ・ I2 などと記す。
〘数〙 虚数単位( i )。i 2=-1 となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイの関連キーワードゴムサック花房・英Dickinson,J.(英)Stockton(英)Tory(英)湖水地方(英)ソーホー(英)モナ[島](英)《労働世界》(英)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイの関連情報