ウィリアム[サンス](英語表記)William of Sens; Guillaume de Sens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィリアム[サンス]
William of Sens; Guillaume de Sens

フランスの建築家。 12世紀後半に活躍。イギリスカンタベリー大聖堂内陣の火災後の再建 (1175~80) に参加した建築家として知られている。 1180年,建築現場で負傷して帰国,以後は同名のイギリス人ウィリアムが受継いだ。同内陣はイギリスにおける最初フランス風ゴシックの建築として重要なものである。ウィリアムはフランス初期ゴシックのサンス大聖堂の建築にも参与したともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android