コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オペレッタ オペレッタ operetta

翻訳|operetta

7件 の用語解説(オペレッタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オペレッタ
オペレッタ
operetta

オペラの一種。字義的には「小さいオペラ」。「軽歌劇」などと訳す。喜劇的な内容で,対話体のせりふをもち,ときには舞踊を取入れた大衆的な作品が多い。フランスオペレッタは,1858年 J.オッフェンバックの『天国と地獄』で全盛期を迎え,ウィーン・オペレッタに影響を与えて J.シュトラウス (子) の『ジプシー男爵』,F.レハールの『メリー・ウィドー』などの名曲を生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オペレッタ(〈イタリア〉operetta)

普通のせりふと歌のまじった、軽い内容のオペラ。19世紀後半以降、パリやウィーンを中心に流行した。軽歌劇。喜歌劇。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オペレッタ

イタリア語で〈小さなオペラ〉の意。現在では19世紀中ごろのオッフェンバックによって代表される形式をさす。これは《地獄のオルフェ(天国と地獄)》にみられるように,風刺的な要素のある喜劇で,わかりやすい旋律,舞曲の使用,せりふの挿入などを特色としている。
→関連項目ギルバートレオンカバロレハール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

音楽用語ダスの解説

オペレッタ

軽い内容の喜歌劇。台詞の間に歌や踊りが挟まれ進行する。19世紀後半に確立されたもので、オッフェンバックの「天国と地獄」が有名。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オペレッタ【operetta[イタリア]】

〈小歌劇〉の意。この名称はすでに17世紀中ごろに小規模オペラに使われていた。18世紀を通じてイタリアのオペラ・ブッファやインテルメッツォドイツ語版や編曲に,フランスのボードビルやオペラ・コミックに,またジングシュピールや人気オペラのパロディに使われ,J.G.ワルターやJ.マッテゾンも〈小さなオペラ〉と定義している。しかし19世紀中ごろから対話・歌・舞踊から成る1~3幕の娯楽的な〈喜歌劇〉をさすようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オペレッタ【operetta】

一九世紀中頃にパリで生まれヨーロッパ全般に広まった、せりふと踊りを含む陽気で風刺的なオペラ。軽歌劇。喜歌劇。オッフェンバック・スッペ・レハール・サリバンらの作品が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オペレッタ
おぺれった
operetta イタリア語 英語
Operetteドイツ語
opretteフランス語

語源はイタリア語で「小さいオペラ」の意。かつては「喜歌劇」「軽歌劇」と訳されたが、今日では「オペレッタ」は世界共通語となり、対話と歌と踊りによって物語が展開する音楽劇の一ジャンルをさす。なお、このことばを最初に使ったのはモーツァルトで、オペラより規模が小さく、軽く楽しい音楽劇をこの名でよびたかったのであろう。オペレッタの始まりは、イタリアで18世紀の中ごろ、オペラの幕間(まくあい)に行われたコメディア・デラルテ(即興喜劇)風の小さな歌入り喜劇「インテルメッツォ」に端を発する。それがオペラ・ブッファとなり、ペルゴレージの『奥様女中』(1733)でジャンルが確立してヨーロッパに広まった。フランスではボードビル、オペラ・コミック、オペラ・ブフ、イギリスではバラッド・オペラ、ドイツとオーストリアではジングシュピールとして庶民に愛好されたものがそれである。[寺崎裕則]

オペレッタの誕生

1848年、フランスに二月革命が起こり、ナポレオン3世の第二帝政時代が生まれ、70年まで爛熟(らんじゅく)したデカダンスの華が開いた。このときジャック・オッフェンバックは、シェークスピアの「芝居は社会を映す鏡」のことばどおり、第二帝政時代を的確に音楽劇に映し出した。それは、底抜けに明るい音楽と美しいメロディ、テンポの早いガロップgalop(4分の2拍子の速い旋回舞曲)、フレンチ・カンカンで観客を楽しませると同時に、音楽と台詞(せりふ)のなかに社会を痛烈に風刺する「笑い」と「パロディー」をたっぷりしみ込ませたものであった。このオッフェンバックが創始した庶民の音楽劇がオペレッタである。1855年、彼はオペレッタ劇場ブフ・パリジャンを創設、オペレッタの世紀が始まる。そして3年後、『天国と地獄』が初演され、オペレッタはヨーロッパ中に広まった。[寺崎裕則]

ウィンナ・オペレッタの隆盛

ジングシュピールが愛好されていたウィーンでは、当時ウィーン民衆劇(ウィーン・フォルクステアター)の第一人者だったネストロイが1858年、オッフェンバックの『提灯(ちょうちん)結婚』をネストロイ流に料理して紹介、大受けに受けたため、60年には作曲者を迎えて『天国と地獄』を上演し大ヒットさせた。それに刺激されたスッペも『寄宿学校』を作曲、ウィンナ・オペレッタの世紀が始まる。そしてワルツ王ヨハン・シュトラウスは1874年『こうもり』を書いて早くも金字塔をたて、スッペの『ボッカチオ』、ミレッカーKarl Millker(1842―99)の『乞食(こじき)学生』とともにたちまち「黄金時代」を築いた。オッフェンバックとの違いは、風刺の矢は鋭くなく、マイルドで上品になり、カンカンのかわりにふんだんに優雅なウィンナ・ワルツを使ったことである。それは夢のような世界をつむぎだし、ウィーンの古き佳(よ)き時代を映すと同時に、人間の本質をも描き出した。1870年フランスで第二帝政が崩壊すると、オッフェンバックの人気は急速に衰え、オペレッタの中心はフランスからウィーンへ移った。
 20世紀に入るとフランツ・レハールが『メリー・ウィドー』を、オスカー・シュトラウスは『ワルツの夢』を、エメリッヒ・カールマンは『チャールダーシュの女王』をつくり、たそがれのウィーン情緒、世紀末の風潮を色濃く映し出した。音楽的には、ウィンナ・ワルツにハンガリーの民族色濃いチャールダーシュやアメリカからフォックス・トロットのリズムが加わり、国際色豊かなものにさま変わりしていった。これを「白銀時代」とよぶ。[寺崎裕則]

オペレッタの広がり

イギリスではちょうど「黄金時代」のころサリバンが出て、オペラ・コミックと称してバラッド・オペラの流れをくむ『ミカド』などをつくった。ドイツでは「白銀時代」のころ、ワルター・コロWalter Kollo(1878―1940)、エデュアルド・キュネッケEduard Knneke(1885―1953)やパウル・リンケPaul Lincke(1866―1946)が独特のベルリン・オペレッタを創(つく)った。そしてフランスではオッフェンバックと同時代やそれ以降、エルベ、ルコック、オードラン、プランケット、メッサージェなどが次々と時代にふさわしい作品を発表していた。こうしたオペレッタの形式は、19世紀末から20世紀以降アメリカに移ってミュージカルを生むことになる。そして第二次世界大戦が始まってからは、激動の時代を的確に反映することができず、人間の本質も描けなくなったオペレッタは衰え、大戦後の庶民の音楽劇はミュージカルにとってかわった。ウィーン、ブダペスト、パリ、リヨンなどでは今日も、国立オペレッタ劇場であるウィーン・フォルクスオーパーやブダペスト・オペレッタ劇場などで同時代のオペレッタとして生き生きと息づいているものの、1990年代以降はオペラ同様にオペレッタでも時代を現代に置き換えての演出が流行し、かえってオペレッタを衰退に向かわせている。それはオペレッタの本質にもとるもので、オペレッタは夢の世界で人間の本当の姿を描く音楽劇であり、現代化によって夢を失えば、オペレッタはオペレッタでなくなるからだ。[寺崎裕則]

日本のオペレッタ


第二次世界大戦前
1911年(明治44)に帝国劇場が竣工(しゅんこう)して、演出家ローシーの指導のもと帝国劇場歌劇部を中心とする日本初のオペラ「帝劇オペラ」の興業が始まった。しかしオペラでは客が入らなかったため、1914年(大正3)オッフェンバックの『天国と地獄』などのオペレッタへ移行したものの、16年に解散となる。ローシーは同年11月、自らの理想のオペラを上演するため、赤坂に「ローヤル館」をつくり、ロッシーニの『セビーリャの理髪師』などの原語上演をしたが、これも不入り続きで、18年ベルディの『椿姫(つばきひめ)』を最後に閉鎖、ローシーは失意のうちにアメリカへ発(た)った。
 ところが皮肉にもローシーの播(ま)いたオペラ、オペレッタの種は形を変え、同時期に「浅草オペラ」として開花した。その成功の最大理由は、伊庭孝(いばたかし)、佐々紅華(さっさこうか)、小林愛雄(ちかお)ら浅草オペラのリーダーが、西洋のオペラ、オペレッタの直訳模倣ではなく、深く理解したうえで日本の風土に定着させるよう試みたことと、田谷力三などの花形スターが誕生、観客を熱狂させたからである。だが、大正という時代を象徴さえした浅草オペラは、1923年(大正12)の関東大震災により、わずか6年で劇場、衣装、楽譜とともに灰燼(かいじん)に帰した。
 時代は大正から昭和へと移り、浅草六区は軽演劇とレビューの時代となる。浅草オペラのスタッフや歌手は、軽演劇の隆盛に呑(の)みこまれながらも、田谷力三を中心にオペラやオペレッタの上演を続けたが、オペレッタの専門劇団は生まれなかった。一方、1934年(昭和9)日本最初の本格的なオペラ組織として藤原歌劇団が結成され、2年目にシューベルト/ベルテ作曲のオペレッタ『シューベルトの恋』(原題『三人姉妹の家』)が上演された。脚本は白井鐵造(てつぞう)、演出は岸田辰弥(たつや)、シューベルト役は藤原義江、スタッフは宝塚歌劇団であった。このオペレッタの日本初演は1931年(昭和6)の宝塚歌劇団によるものであり、それまでレビューではオペレッタの名曲を挿入していたものの、完全上演は初めてだった。浅草オペラが消えた後、日本初のオペレッタといってもよい音楽劇を生み出したのは宝塚歌劇団だったのだ。創始者小林一三(いちぞう)の哲学は、異文化たるレビューやオペレッタを直訳模倣するのではなく、日本人の口にあうように、それも初めての観客にもわかるようにつくり直すという、浅草オペラのリーダーたちと同じ考えのうえにあった。いうなれば、浅草オペラで開花したオペレッタは宝塚歌劇団に引き継がれ、日本のオペレッタの温床となったのである。[寺崎裕則]
第二次世界大戦後
戦争中鳴りを潜めていたオペレッタは、1946年(昭和21)に東京都文化課の肝煎(きもい)りでアイヒベルクJulius Eichberg(1824―93)の『アルカンタラの医者』が日比谷公会堂で上演された。都はアマチュアの都民合唱団をつくり、プランケットRobert Planquette(1848―1903)の『コルヌビーユの鐘』などに田谷力三、清水静子ら浅草オペラの歌役者を起用、がぜんオペレッタ運動が台頭した。49年(昭和24)には合唱指揮者でオペレッタに精通した沖不可止(ふかし)が日本オペレッタ協会を立ち上げ、戦後初の本格的なオペレッタとしてオッフェンバック『ブン大将(ジェロルスティン大公妃殿下)』が上演されたが、このオペレッタ運動も長くは続かなかった。
 第二次世界大戦後、藤原義江は東宝、長門美保は松竹の援助を受け、競い合ってオペラを上演した。オペラ一辺倒の藤原に対し、長門はオペレッタにも関心を寄せ、テノールの荒木宏明を中心に数々のオペレッタを上演した。1950年(昭和25)、指揮者の金子登、演出家の青山杉作、歌手の荒木宏明(ひろあき)、関種子などにより、白井鐵造をアドバイザーに東京オペラ協会が設立され、2年後にJ・シュトラウスの『こうもり』を日本初演したが解散。その年、東京芸術大学出身の中山悌一(ていいち)など16人の歌手が「二期会」を創立、70年代に入り立川澄人(すみと)を中心に『こうもり』を上演、以来レハール『メリー・ウィドー』、J・シュトラウス『ジプシー男爵』の日本初演を果たし、二期会にオペレッタの流れをつくった。その後77年1月、演出家の寺崎裕則によって創立された「オペレッタ友の会」が、81年に発展解消して「日本オペレッタ協会」となる。以後、日本オペレッタ協会は91年(平成3)に財団法人化、97年までに海外20作品の訳詞による日本初演を果たし、98年には日本のオペレッタ史上初の海外公演としてレハール『ほほえみの国』をレハールの母国ハンガリーのブダペストで上演して大絶賛を浴びるなど、国内外でのオペレッタ創造と普及の精力的な活動が続けられている。1914年(大正3)に「帝劇オペラ」のオッフェンバック『天国と地獄』が上演されて以来、1世紀近くの道程を経て、日本のオペレッタはようやくここまでたどり着いたのである。[寺崎裕則]
『大田黒元雄著『オペレッタ』(1950・湖山社) ▽寺崎裕則著『魅惑のウィンナ・オペレッタ』(1983・音楽之友社) ▽寺崎裕則・オーストリア国立劇場連盟著『ウィンナ・オペレッタへの招待』(1985・音楽之友社) ▽白石隆生著『ウィンナ・オペレッタの世界』(1989・音楽之友社) ▽寺崎裕則著『人間の音楽劇――オペラ・オペレッタの本質』(1991・音楽之友社) ▽寺崎裕則著『夢をつむぐオペレッタ――その魅力と魔力を日本の土に』(1997・音楽之友社) ▽永竹由幸著『オペレッタ名曲百科』(1999・音楽之友社) ▽ジョゼ・ブリュイール著、窪川英水・大江真理訳『オペレッタ』(白水社・文庫クセジュ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオペレッタの言及

【オペラ】より

…18世紀以降は,これに対して,イタリアではオペラ・ブッファopera buffa(道化オペラの意),フランスではオペラ・コミックopéra comique(喜歌劇,のちにはせりふを含むオペラを意味する),イギリスではバラッド・オペラballad opera(俗謡オペラ),ドイツではジングシュピールSingspiel(歌芝居)など,より庶民的な性格の強いオペラのタイプが興ったが,それらに共通するのは,正歌劇や抒情悲劇の貴族性と形式ばった様式に対する反動とパロディの精神であった。つづく19世紀には,作品の規模,壮大な舞台効果,シリアスな情緒において,かつてない高みに登ろうとした〈グランド・オペラgrand opéra〉に対して,再び庶民的な気軽さと息抜きを求めるオペレッタが興った。このような経緯は,当初から町人の芸術として発達してきた歌舞伎には見られないところである。…

【ミュージカル】より

…先行芸術であるオペラのレチタティーボの代りに,音楽を伴わないせりふがあるという意味で,音楽性だけでなく文学性をも重視した演劇形態であるといえる。同じく先行芸術であるオペレッタと形式的には酷似しているが,題材の点でミュージカルのほうが庶民的で現実的である。他方,イギリスではミュージック・ホール,アメリカではミンストレル・ショーバーレスクボードビルなどの大衆芸能にも依存して発達したが,これらの芸能が個々の出演者の芸や個々の場面によって観客に訴えたのに対して,ミュージカルは作品全体の魅力をも重視し,一貫した物語をもつ。…

※「オペレッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オペレッタの関連キーワードISO名前ソナチネベルベル人小歌比丘尼筆柿花崗岩構造アルケシンアルバノ岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オペレッタの関連情報