ゲル(読み)げる(英語表記)gel

翻訳|gel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲル(コロイド)
げる
gel

コロイドのなかで、液体を分散媒とする分散系が流動性を失って固化したものをいう。分散質の溶解度が低下したために、互いに連続・連結して網目上の構造をつくり、その中に分散媒が保持されたものを考えてよい。身近なもののなかにも例は多く、ところてんやこんにゃく、ゼラチンなど食品には多数の好例がある。ケイ酸ナトリウム(水ガラス)の水溶液に酸を加えるとケイ酸のゲルができるが、これを乾燥したのがいわゆるシリカゲルである。このシリカゲルのように、ゲルの網状組織から分散媒が除かれて生じた多孔性の組織のことをキセロゲルという。酸性白土や珪藻土(けいそうど)、あるいは高野豆腐(こうやどうふ)などがキセロゲルの実例である。吸着性に富み、その用途はきわめて広い。ゲルは食品などのほか、ソフトコンタクトレンズや固形ガソリン、あるいはクロマトグラフィー用の保持担体など、いろいろと欠くことのできない重要な用途をもっているが、さらに応用の可能性も少なくない。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲルの関連情報