コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーチン[種] コーチン

百科事典マイペディアの解説

コーチン[種]【コーチン】

ニワトリの品種名。中国原産の肉用種。体は丸みを帯びて大きく,羽毛はバラ色が普通。現在あまり飼養されていないが,米国でロード・アイランド・レッド種など,日本で名古屋コーチン種などの作出に貢献した。
→関連項目名古屋コーチン[種]ニワトリ(鶏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のコーチン[種]の言及

【ニワトリ(鶏)】より

…最近では本種の中に作られた近交系間の交雑種や,他品種との交雑種が実用鶏として広く利用されている。
[肉用種]
 第2次大戦前まではコーチン種Cochin(中国原産で,イギリスとアメリカで改良)やブラーマ種Brahma(イラスト)(インド,マレー地方原産で,イギリスとアメリカで改良)のような,晩熟だが体重が4.0~5.4kgもある大型の肉質のよい品種が採肉用に飼育されていた。最近では発育の早い一代雑種や三元交雑種,四元交雑種の雛を,生後8~10週で体重1000~1800gにまで育てあげて利用するブロイラー養鶏が盛んになってきた。…

※「コーチン[種]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コーチン[種]の関連キーワードニワトリ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android