コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーチン[種] コーチン

1件 の用語解説(コーチン[種]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コーチン[種]【コーチン】

ニワトリの品種名。中国原産の肉用種。体は丸みを帯びて大きく,羽毛はバラ色が普通。現在あまり飼養されていないが,米国でロード・アイランド・レッド種など,日本で名古屋コーチン種などの作出に貢献した。
→関連項目名古屋コーチン[種]ニワトリ(鶏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のコーチン[種]の言及

【ニワトリ(鶏)】より

…最近では本種の中に作られた近交系間の交雑種や,他品種との交雑種が実用鶏として広く利用されている。
[肉用種]
 第2次大戦前まではコーチン種Cochin(中国原産で,イギリスとアメリカで改良)やブラーマ種Brahma(イラスト)(インド,マレー地方原産で,イギリスとアメリカで改良)のような,晩熟だが体重が4.0~5.4kgもある大型の肉質のよい品種が採肉用に飼育されていた。最近では発育の早い一代雑種や三元交雑種,四元交雑種の雛を,生後8~10週で体重1000~1800gにまで育てあげて利用するブロイラー養鶏が盛んになってきた。…

※「コーチン[種]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone