コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハリン Sakhalin/Сахалин

デジタル大辞泉の解説

サハリン(Sakhalin/Сахалин)

北海道の北方にある島。間宮海峡を隔ててシベリアに接する。江戸時代に日本人・ロシア人入植明治8年(1875)千島と交換してロシア領となり、明治38年(1905)日露講和条約により北緯50度以南は日本領となったが、第二次大戦後、全島ソ連領、ソ連邦解体後はロシア領となる。面積7万7000平方キロメートル。樺太(からふと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サハリンの関連キーワードアレクサンドロフスク・サハリンスキーアレクサンドロフスクサハリンスキーサハリン石油・天然ガス開発事業ユージノサハリンスクゴルノザボーツクウグレゴルスクポロナイスクギリヤーク語ホルムスクドリンスク東樺太海流モネロン島ウイルタ族稚内[市]ネベリスクコルサコフロパチン山マカロフ宗谷海峡川端芳子

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サハリンの関連情報