サン(イギリスの日刊紙)(読み)さん(英語表記)The Sun

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン(イギリスの日刊紙)
さん
The Sun

イギリスの大衆日刊紙。この日曜版にあたるのが『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』(2011年廃刊)。両紙はニューズ・コーポレーションが発行する二大タブロイド紙である。『サン』自体は経営難にあえいでいた労働党系の日刊紙『デーリー・ヘラルド』(1912年創刊)の後継紙として1964年に創刊された。発行社のインターナショナル・プリンティング・コーポレーションは、紙名を改めただけでなく、読者層も労働者から現代的な中流階級に変えたが、退勢を挽回(ばんかい)するには至らず、発行部数は110万部程度で推移していた。そのため、同紙は1969年にオーストラリア出身の新聞王ルパート・マードックに売却され、大衆紙に変貌(へんぼう)していく。政治的には、買収当初は労働党寄りだったが、徐々に保守党支持へ傾き、1979年総選挙ではサッチャー首相率いる保守党の支持を表明する。紙面づくりには、セックス、スポーツ、懸賞の3要素が強く打ち出され、ニュース写真や女性のピンナップ写真が多用されている。1970年に初めて三面に掲載したヌード写真は、その後「ページ・スリー・ガール」として同紙の目玉企画になり、記事もローカル、スポーツ、事件・裁判などに大きなスペースを割く。発行部数は1990年代なかばに400万部を超えたが、2000年には355万部、さらに2011年には300万部と減少傾向にある。ただ、一貫して日刊紙最大の部数規模を誇る。

[橋本 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる