コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニート

百科事典マイペディアの解説

ニート

非労働力人口のうち,15〜34歳の未婚で,就業せず,職業訓練,就学,家事や家業の手伝いもしていない者を指す造語。ブレア政権下のイギリスで命名された概念で,英語ではNEET(Not in Employment,Education or Training)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

知恵蔵の解説

ニート

イギリスの内閣府が作成したBridging the Gapという調査報告書で使われたことに由来し、Not in Education, Employment, or Trainingの略称である。統計上は、「職に就いておらず、学校等の教育機関に所属せず、就労に向けた活動をしていない15〜34歳の未婚の者」をいう。いわゆる「フリーター」や「失業者」と「ニート」の相違点として、フリーターはアルバイトやパートタイム労働者として不安定ながらも生計を立てている。また、失業者は失職をしているが、調査期間の間に求職活動をしている。これに対して、ニートは就労に向けた教育・雇用・職業訓練等のいずれにも参加せず、無職の状態を継続している。厚生労働省によると、2006年時点で15〜34歳層のうち、約62万人が「若年無業者」としてニートの概念に近いとされている(「平成19年版労働経済白書」)。

(桑原靖夫 獨協大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ニート

仕事や通学などをしていない15歳から34歳の若者を指す。こうした若者を支援するために、厚生労働省は地方自治体と連携して、地域若者サポートステーションを設置。9月に成立した青少年雇用促進法には、全国にサポステを整備することが盛り込まれている。

(2015-10-11 朝日新聞 朝刊 香川全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ニート(neat)

[形動]ごてごてした飾りがなく、すっきりしているさま。「ニートファッション

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ビジネス用語集の解説

ニート

NEET(ニート)とは、もともとイギリスで使われるようになった
言葉で、「Not in Education, Employment or Training」の略を言います。

「教育を受けているわけでもなく、就業者でもなく、
就業訓練を受けているわけでもない人」のことを指していましたが、
日本では「引きこもり」「オタク」のような意味も含まれて伝えられています。

日本におけるNEET(ニート)とは、「働く意欲のない、無気力な若者」
のように伝えられていますが、本来の言葉の由来とは離れた意味で
使われることが多くなっています。

出典|転職.jpビジネス用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

ニート

英語のNEET(=Not in Education, Employment, or Training)の頭文字をとった造語。学校に通っておらず、働こうともせず、職業訓練も受けていない無業者のこと。1999年にイギリスの内閣府が作成した報告書によって知られるようになり、日本でも今、若い世代を中心に急増していると言われます。
(2004/10/15掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ニート

仕事についておらず、教育や職業訓練も受けていない状態、もしくは人をあらわす言葉。語源はイギリスで、働かない若年層が社会問題化するなかで生まれた言葉である。日本では近年、フリーターの増加が問題となる中で、教育も職業訓練も受けず、労働もしようとしない人々が明るみに出た。このような状態にある人々に対し、「ニート」という言葉が一般に使われるようになった。失業者と違うのは、ニートは社会への違和感ゆえに、労働する意志、教育を受けようとする意志を持とうとしないところであるといわれている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ニート

Not in Employment, Education or Trainingの略で、「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に向けた具体的な動きをしていない」人のこと。 フリーターや失業者とも異なり、働く意欲がない。社会的に孤立化した存在として問題視されている。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニート【NEET】

職業にも学業にも職業訓練にも就いてない、あるいは、就こうとしない若者。

ニート【neat】

( 形動 )
きちんとしたさま。飾り気がなくさっぱりしたさま。 「 --ファッション」

ニート【NEET】

〖Not in Employment, Education or Training〗
ニート

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニート
NEET

15歳以上 34歳以下で,どの学校にも通学しておらず,ふだん収入を伴う仕事をしていない独身の若年無業者 (内閣府) 。 Not in Education,Employment or Trainingの略称で,1999年にイギリス政府の調査報告書『Bridging the Gap』で使われた。内閣府の調査では,2002年時点の若年無業者は 213万人。そのうち約 129万人が仕事を探している「求職型」であるのに対し,就業を希望しながら仕事を探していない「非求職型」約 43万人と,就業すら希望していない「非希望型」約 42万人の合計 85万人にニートが多く含まれると推定された。また,厚生労働省『労働白書』では,2002~05年のニートの数は各年 64万人と発表された。不安定でもなんらかの収入を得ているフリーターと異なり,読み・書き・話すの基礎的スキルや生活行動の面で苦手意識が強く,そのために自信や意欲を喪失して社会や職場との関係が築けなくなり,親に依存した状態にある場合が多い。 2007年の厚生労働省の調査によると,家の暮らし向きは「ふつう」が 47.1%,学歴は高卒者が 77.0%,1ヵ月以上就労した経験者は 79.0%で,ニートの期間は1年以下が 41.1%,5年超が 11.5%,「学校でいじめられた」 55.0%,「ひきこもり」「精神科や心療内科で治療を受けた」の経験者が各 49.5%といった実態も浮き彫りになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニートの関連キーワードロスト・ジェネレーション(日本社会)ギークハウス プロジェクト子ども若者育成支援推進法ロストジェネレーション日本版デュアルシステム中国大卒者の就職事情ニート/フリーター地球近傍小惑星追跡ガリガリガリクソンNEET株式会社プレカリアートfreeter働かないふたり非運動性熱産生ニート(社会)キャリア教育eラーニング土谷ひろしおそ松さん社内ニート

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニートの関連情報