端正(読み)たんじょう

精選版 日本国語大辞典「端正」の解説

たん‐じょう ‥ジャウ【端正】

〘名〙 (形動) (「しょう」は「正」の呉音) =たんせい(端正)
※色葉字類抄(1177‐81)「端正 タンシャウ 云形美也」
※平家(13C前)一一「其子に端正(タンジャウ)〈高良本ルビ〉のむすめあり。ゐなだ姫と号す」
[補注]上代文献(「日本書紀」「万葉集」「日本霊異記」等)の「端正」は、普通「キラキラシ」と訓じられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「端正」の解説

たん‐せい【端正/端整】

[名・形動]
姿・形や動作などが正しくてきちんとしていること。また、そのさま。「―な字」
(端整)顔だちなどが美しく整っていること。また、そのさま。「―な目鼻立ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android