コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麗しい/美しい ウルワシイ

2件 の用語解説(麗しい/美しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うるわし・い〔うるはしい〕【麗しい/美しい】

[形][文]うるは・し[シク]
精神的に豊かで気高く、人に感銘を与えるさま。心あたたまり、うつくしい。「―・い母性愛」「―・しい友情の発露」
形・色・容姿などが、目に快く映るさま。うつくしい。「―・い女性」「見目(みめ)―・い」「―・い歌声」
機嫌・顔つきが晴れ晴れしているさま。「本日も御機嫌―・しくいらっしゃる」
乱れたところがなく、整っているさま。
㋐うつくしく、みごとである。壮麗である。
「畳(たた)なづく青垣、山籠れる大和し―・し」〈・中・歌謡〉
㋑人の性格・行動などが、きちんとしていてよい。折り目正しく、きちょうめんである。
「夜ごとに十五日づつ―・しう通ひ住み給ひける」〈・匂宮〉
㋒端正である。形が整っている。
「いみじう気高げにおはする女の―・しく装束(さうぞ)き給へるが」〈更級
正式のものである。本格的である。
「―・しくは、ただくるくると巻きて、上より下へ、わなの先を差しはさむべし」〈徒然・二〇八〉
うつくしく、いとしい。かわいらしい。
「山吹は日に日に咲きぬ―・しと吾(あ)が思(も)ふ君はしくしく思ほゆ」〈・三九七四〉
人と人との間柄が良好なさま。仲がよい。親しい。また、むつまじい。
「昔、男、いと―・しき友あり」〈伊勢・四六〉
[補説]元来、「うつくし(い)」は、かわいい、愛すべきだ、の意を表し、「うるわし(い)」は、整った、端正な美を表した。「うつくし(い)」が「きれいだ」となるのに対し、「うるわし(い)」は「りっぱだ」に近づく。
[派生]うるわしげ[形動]うるわしさ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うるわしい【麗しい】

( 形 ) [文] シク うるは・し
(外面的に)魅力的で美しい。気品があってきれいだ。 「みめ-・い少女」 「 - ・い容姿」
(精神的に)心あたたまるような感じだ。 「 - ・い友情」 「 - ・い情景」
きげんがよい。晴れ晴れしている。 「御機嫌-・くて何よりに存じます」
美しくて立派だ。みごとだ。 「たたなづく青垣山ごもれる大和し-・し/古事記
輝くように美しい。華麗だ。 「くさぐさの-・しき瑠璃をいろへて作れり/竹取」
整っていて美しい。端麗だ。 「絵にかきたる物のやうにしすゑられて、うちみじろき給ふことも難く、-・しうてものし給へば/源氏 若紫
几帳面だ。きちんとしていて乱れがない。 「夜ごとに十五日づつ-・しう通ひ住み給ひける/源氏 匂宮
正しい。まちがいがない。 「故左馬頭義朝の-・しきかうべとて/平家 12」 〔 (1) 「潤うるう」の形容詞形で、つやつやとした冷たい感じの美しさを表すのが原義か。古くはのように、おごそかで立派な美しさ、端正な美しさを表したが、中世末頃から柔らかな感じの美しさを表すの意でも用いられるようになった。 (2) 上代では「うるはし」であったが、平安時代初期「うるわし」に転じた〕
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone