コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麗しい/美しい ウルワシイ

2件 の用語解説(麗しい/美しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うるわし・い〔うるはしい〕【麗しい/美しい】

[形][文]うるは・し[シク]
精神的に豊かで気高く、人に感銘を与えるさま。心あたたまり、うつくしい。「―・い母性愛」「―・しい友情の発露」
形・色・容姿などが、目に快く映るさま。うつくしい。「―・い女性」「見目(みめ)―・い」「―・い歌声」
機嫌・顔つきが晴れ晴れしているさま。「本日も御機嫌―・しくいらっしゃる」
乱れたところがなく、整っているさま。
㋐うつくしく、みごとである。壮麗である。
「畳(たた)なづく青垣、山籠れる大和し―・し」〈・中・歌謡〉
㋑人の性格・行動などが、きちんとしていてよい。折り目正しく、きちょうめんである。
「夜ごとに十五日づつ―・しう通ひ住み給ひける」〈・匂宮〉
㋒端正である。形が整っている。
「いみじう気高げにおはする女の―・しく装束(さうぞ)き給へるが」〈更級
正式のものである。本格的である。
「―・しくは、ただくるくると巻きて、上より下へ、わなの先を差しはさむべし」〈徒然・二〇八〉
うつくしく、いとしい。かわいらしい。
「山吹は日に日に咲きぬ―・しと吾(あ)が思(も)ふ君はしくしく思ほゆ」〈・三九七四〉
人と人との間柄が良好なさま。仲がよい。親しい。また、むつまじい。
「昔、男、いと―・しき友あり」〈伊勢・四六〉
[補説]元来、「うつくし(い)」は、かわいい、愛すべきだ、の意を表し、「うるわし(い)」は、整った、端正な美を表した。「うつくし(い)」が「きれいだ」となるのに対し、「うるわし(い)」は「りっぱだ」に近づく。
[派生]うるわしげ[形動]うるわしさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うるわしい【麗しい】

( 形 ) [文] シク うるは・し
(外面的に)魅力的で美しい。気品があってきれいだ。 「みめ-・い少女」 「 - ・い容姿」
(精神的に)心あたたまるような感じだ。 「 - ・い友情」 「 - ・い情景」
きげんがよい。晴れ晴れしている。 「御機嫌-・くて何よりに存じます」
美しくて立派だ。みごとだ。 「たたなづく青垣山ごもれる大和し-・し/古事記
輝くように美しい。華麗だ。 「くさぐさの-・しき瑠璃をいろへて作れり/竹取」
整っていて美しい。端麗だ。 「絵にかきたる物のやうにしすゑられて、うちみじろき給ふことも難く、-・しうてものし給へば/源氏 若紫
几帳面だ。きちんとしていて乱れがない。 「夜ごとに十五日づつ-・しう通ひ住み給ひける/源氏 匂宮
正しい。まちがいがない。 「故左馬頭義朝の-・しきかうべとて/平家 12」 〔 (1) 「潤うるう」の形容詞形で、つやつやとした冷たい感じの美しさを表すのが原義か。古くはのように、おごそかで立派な美しさ、端正な美しさを表したが、中世末頃から柔らかな感じの美しさを表すの意でも用いられるようになった。 (2) 上代では「うるはし」であったが、平安時代初期「うるわし」に転じた〕
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麗しい/美しいの関連キーワード悪しい囂しい口煩い口喧しい狂わしい小煩い小喧しい見目麗しいほてくろし・い物狂わしい

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone