ブロイラー(若鶏)(読み)ぶろいらー(英語表記)broiler

翻訳|broiler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロイラー(若鶏)
ぶろいらー
broiler

ブロイラーということばは、肉用の若鶏を意味する用語として、19世紀からアメリカですでに使用されていた。ブロイラーの生産も、小規模ながら、ニュー・ジャージー、デラウェア、メリーランドなど、アメリカ東部の諸州で1880年ごろから始められていたといわれるが、1920年代にはデラウェア、ニュー・ハンプシャー、ジョージアなどの諸州で大規模なブロイラー生産が産業として成立する。第二次世界大戦中、アメリカでは軍用食料としてブロイラーが大量に買い付けられ、これによってブロイラーの生産は大いに伸展したのである。

 第二次世界大戦後、アメリカでは、ブロイラー専用鶏種の改良、各種予防治療薬の開発、ブロイラー用配合飼料の研究、大羽数飼育設備および処理加工設備の開発が進み、ブロイラーが安全・安価・大量に供給されるようになり、これがスーパーマーケットによる大量流通・大量販売および外食産業の発達と結び付いて、ブロイラー産業は驚異的な発展を遂げた。アメリカでの1人当り年間の食肉消費は、牛肉、豚肉が減少傾向であるのに対して、ブロイラーを主とする家禽(かきん)肉の伸長が著しい。

 このようにアメリカで大発展したブロイラー産業は、1950年ごろから全世界に拡大し、日本でも、当時は皆無に等しかったブロイラーが、86年(昭和61)には年間7億4000万羽近く、97年(平成9)には5億9000万羽近くも生産され、食肉消費量の3分の1を占めるに至った。

 ブロイラーは、世界各国とも同じ鶏種、同じ飼料配合内容、同じ飼育方式で生産されているが、鶏肉の料理法は国によって異なるから、ブロイラーのマーケット・サイズ(出荷するときの生体重)も国によって異なる。たとえば、フライを主とするアメリカでは1.9キログラム前後、煮込み料理の多い南欧やイギリスでは2キログラム前後、焙焼(あぶりやき)の多い北欧や中近東諸国では1.5キログラム前後、骨なし鶏肉(正肉)を調理する日本では2.7キログラム前後となっている。体重が大きくなるほど出荷までの飼育日数が長くなるが、もっとも体重が大きい日本の場合でもブロイラーは55日齢前後で出荷され、飼料消費量は生体重の約2倍である。

 このように短期間できわめて効率よく大量生産されるブロイラーは、もっとも安価な食肉であり、宗教的禁忌がないことや低カロリー高タンパク志向も手伝って、全世界的にもっとも重要な動物性タンパク食品となっている。

[駒井 亨]

『駒井亨著『食鶏の規格と流通』(1974・養賢堂)』『駒井亨・麻生和衛・小野浩臣共著『新著・ブロイラー――食鶏の生産技術と経営』(1978・養賢堂)』『社団法人日本食鳥協会編・刊『鶏肉のすべて』(1994)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる