マグリブ

百科事典マイペディアの解説

マグリブ

マグレブ〉とも。アラビア語で〈日の没する地〉(西)を意味し,マシュリク(日が昇る地,東アラブ)の対語。チュニジア以西のアルジェリアモロッコにいたる北アフリカ地域・諸国をさす。リビアモーリタニア西サハラを含めることもある。北の地中海,西の大西洋は温暖な気候と雨をもたらし,南のサハラ砂漠は熱風を運ぶ。地中海岸には東西にアトラス山脈が走り,その北側沿岸の平野は夏は高温・乾燥し冬は多雨で,穀物や果樹の栽培に適している。住民は,先住のベルベル系が7世紀以降にイスラム化・アラブ化した者が多い。ベルベル諸語を母語とする人々も居住する。サハラ以南のブラック・アフリカとのキャラバン交易の歴史もあり,南部では黒人系の住民が多い。マグリブは古来,地中海,ヨーロッパ世界とも深い関係をもつ。古代フェニキア,ギリシア,ローマ時代にはマグリブの住民はバルバロイ(野蛮人),この地はバルバリアと呼ばれ,これがベルベルの語源となった。7世紀以降のイスラム諸王朝の時代には,マグリブの王朝が11―13世紀にイベリア半島南部を支配したほか,レコンキスタでは大量のユダヤ教徒がマグリブに移住するなどした。1995年にはバルセロナで〈ヨーロッパ地中海諸国国際会議〉が開催され,2010年を目標にマグリブ地域を含めた自由貿易地域の創設について話し合われた。
→関連項目中東

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マグリブ【Maghrib】

マグリブとは,アラビア語で〈日が没する地〉あるいは〈西方〉を意味し,今日では,東方のアラブ諸国,つまりマシュリクに対して西方のアラブ諸国の呼び名である。マグレブとも呼ばれる。狭義には,かつてフランス領北アフリカとも呼ばれたチュニジア,アルジェリア,モロッコを含む北西アフリカを指すが,広義には,これにリビアを含める。場合によっては,さらに西アフリカのモーリタニアと旧スペイン領サハラ(西サハラ)まで含めることもあるが,それは,この地域の住民の多くが,アラブ系のイスラム教徒で,歴史的にも狭義のマグリブと共有する部分が少なくないからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマグリブの言及

【アラブ音楽】より

…かつてのイスラム帝国の範囲のうち,イランとトルコ,スペインを除き,アラブを主とする地域の音楽。この地域には,マシュリクと呼ばれる地域(おもにイラク,シリア,レバノン,ヨルダン,エジプト)と,マグリブと呼ばれる地域(モロッコ,アルジェリア,チュニジア,リビア)の二つの伝統がある。これらの国々には,イラクのクルド族やエジプトのヌビア人のような非アラブの人々,またキリスト教徒やユダヤ教徒などイスラム以外の伝統をもつ少数派の人々も住み,それぞれの民俗文化は多様である。…

【住居】より

…ヨーロッパ風の新市街の発展した今日でも,中庭型住居は中東地域に広く見られる。とくに北アフリカのマグリブ地方では,中庭型住居の密集する旧市街は〈メディナmadīna〉(アラビア語で〈都市〉の意味)と呼ばれ,伝統的な中東の集落形態をよく示している。このほか,乾燥地域を主とする中東においても,山岳地帯や大河の湿地帯といった自然条件の下にある地域があり,そこでも特異な自然条件に対応した居住形態が見られる。…

※「マグリブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android