コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテン・アメリカ美術 ラテンアメリカびじゅつ

1件 の用語解説(ラテン・アメリカ美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラテンアメリカびじゅつ【ラテン・アメリカ美術】

メキシコ以南のアメリカ大陸に行われた美術。本来スペインポルトガルなどヨーロッパ諸国による発見・征服後をラテン・アメリカというべきであるが,原住民が残した文化はヨーロッパのそれと融合し,近代以降に独自の展開を示す。
先史美術
 メソアメリカとアンデスでは,前1000年以降,美術の発展が著しい。メソアメリカでのオルメカ文化は大石彫,土器,ヒスイ(翡翠)や蛇紋岩の彫刻に独特の表現様式を作りあげた。オルメカ様式の影響により各地の地方的文化が開花するが,とくにオルメカ様式の影響は南部で強く,イサパ様式を経て古典期マヤ美術が導き出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラテン・アメリカ美術の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカ中央アメリカメキシコ湾メキシコ地震アメリカ地中海アメリカメキシコ戦争ニューメキシコ亜米利加メキシコ・ペソ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone