コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ブラン ル・ブラン Le Brun, Charles

2件 の用語解説(ル・ブランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・ブラン
ル・ブラン
Le Brun, Charles

[生]1619.2.24. パリ
[没]1690.2.12. パリ
フランスの画家。 G.ペリエ,S.ブーエに師事。 N.プーサンとともに 1642年から4年間イタリアに留学。この間プーサンバロック画家の影響を受けた。帰国後は J.コルベールの知遇を得,彼を助けてフランス王立アカデミーの設立に尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ル・ブラン

フランスの画家。パリ生れ。ブーエに学び,1642年―1646年ローマに遊学してプッサンに師事。のちコルベールの庇護(ひご)のもとにベルサイユ宮殿の〈鏡の間〉(1679年―1684年)やルーブル宮殿の〈アポロンの間〉装飾を担当し,1662年国王の首席画家,1668年王立アカデミーの総裁に就任,フランス美術界の大御所となった。
→関連項目ジラルドンミニャールル・ボー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ル・ブランの関連キーワードアルトゥングクルーエグレーズブーエブーシェフラゴナールペイネバランタン・ド・ブーローニュル・シュウールル・ブラン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・ブランの関連情報