コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ブラン(英語表記)Le Brun, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・ブラン
Le Brun, Charles

[生]1619.2.24. パリ
[没]1690.2.12. パリ
フランスの画家。 G.ペリエ,S.ブーエに師事。 N.プーサンとともに 1642年から4年間イタリアに留学。この間プーサンやバロック画家の影響を受けた。帰国後は J.コルベールの知遇を得,彼を助けてフランス王立アカデミーの設立に尽した。ルイ 14世の寵を受け,歴史画,宗教画,肖像画,装飾画など多方面にわたって活躍し,62年貴族に列せられ,ベルサイユ宮 (鏡の間) やルーブル宮 (アポロンの間) の装飾を担当。以後王立ゴブラン製作所所長 (1663) ,首席宮廷画家 (64) ,ローマのフランス・アカデミーの創設など,王宮の芸術顧問として権勢をふるったが,コルベールの没後は失脚した。代表作『大法官セギエの肖像』 (61,ルーブル美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ル・ブラン

フランスの画家。パリ生れ。ブーエに学び,1642年―1646年ローマに遊学してプッサンに師事。のちコルベールの庇護(ひご)のもとにベルサイユ宮殿の〈鏡の間〉(1679年―1684年)やルーブル宮殿の〈アポロンの間〉装飾を担当し,1662年国王の首席画家,1668年王立アカデミーの総裁に就任,フランス美術界の大御所となった。絵画は諸流派の折衷的作風で,宗教画,歴史画,肖像画などを残し,代表作に《十字架降下》(1684年,レンヌ美術館蔵),《アルベラの戦》(1669年)を含む連作《アレクサンドロスの生涯》(ルーブル美術館蔵)などがある。
→関連項目ジラルドンミニャールル・ボー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ル・ブランの関連情報