ワシントン(市)(読み)わしんとん(英語表記)Washington

翻訳|Washington

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワシントン(市)
わしんとん
Washington

アメリカ合衆国の首都。1878年以来、ワシントン市の範囲と連邦直轄地のコロンビア特別区District of Columbiaの範囲が一致しているので、正式にはワシントンDCWashington, D. C.とよばれる。面積174平方キロメートル。人口57万2059、大都市圏人口760万8070(2000)。ポトマック川沿いにあり、北部と東部はメリーランド州、西部はポトマック川を隔ててバージニア州に接している。海岸平野とピードモント台地の境界付近に位置するが、ほぼ平坦(へいたん)で、北部になだらかな丘陵地が存在するだけである。気候は夏が高温湿潤で、冬の気温が下がる。年降水量は1008ミリメートルで、平均気温は1月で1.8℃、7月で26.1℃である。
 1790年、ワシントン大統領はメリーランド州とバージニア州から割譲されたポトマック川沿いの土地に、合衆国の首都として1辺10マイル(16キロメートル)のコロンビア特別区を建設することに決定し、フランス人のピエール・ランファンに首都の建設計画を作成させた。ランファンの計画は、連邦議事堂を中心に南北と東西のキャピトル・ストリートを基準にした碁盤目状の道路網(ストリートとよばれる)と、連邦議事堂やホワイトハウス(大統領官邸)などを中心とする放射状道路網(アベニューとよばれる)を組み合わせ、さらに各所に広場や公園を設けたものであった。しかし、資金の不足から建設計画は遅れ、公式に合衆国の首都となって第2代大統領ジョン・アダムズがフィラデルフィアから移ってきた1800年でも、連邦議事堂と大統領官邸は建設中であった。02年、コロンビア特別区にワシントン市が成立したが、ワシントン市の範囲とコロンビア特別区の範囲は一致していなかった。12年にイギリスの軍隊がワシントン市に侵入し、連邦議事堂や大統領官邸その他の公共の建物に火を放った。それらの再建に数年を要し、首都の建設計画はさらに遅れた。46年にポトマック川右岸のバージニア部分はバージニア州に返還され、78年にジョージタウンがワシントン市に編入されたことにより、ワシントン市とコロンビア特別区の範囲は一致するようになった。南北戦争後にポトマック公園が建設されたのを初めに、20世紀に入ってからはランファンの計画と調和する公共建築物が次々と建設され、壮大なプランが実現されていった。1930年代のニューディールの時代に連邦機関と公務員が増加し、人口も急速に増加した。また、1960年代にはスラム解消を含む市街地改造計画が実施された。
 ワシントンDCはアメリカ合衆国の行政・立法・司法の諸機関が集中した都市で、製造業はあまりない。第一の産業は観光で、最大の雇用主は連邦政府である。連邦政府の職員はワシントンDCの就業者数の約45%を占めている。連邦議事堂の周囲には議会図書館、最高裁判所、上院・下院議員会館が並び、連邦議事堂とホワイトハウスを結ぶペンシルベニア・アベニュー沿いには国立公文書館、司法省、FBI(連邦検察局)、国税局などが並び、連邦議事堂とワシントン記念塔の間にはナショナル・ギャラリーや、スミソニアン研究機構科学博物館群の自然史博物館、歴史技術博物館、航空宇宙博物館などが並んでいる。北西部のマサチューセッツ・アベニューには全世界の大公使館が集中している。また、貿易、労働、科学、教育などの国際的あるいは全米的機関や協会などの本部が集中し、ワシントンDCにある全米的機関や協会の数は約2000に達する。さらに、ワシントン記念塔(高さ169メートル)、リンカーン記念堂、トーマス・ジェファソン記念堂などの記念物や、タイダル・ベイズンを取り巻く桜並木、ポトマック川対岸のアーリントン墓地、無名戦士の墓などの観光資源に富む。ワシントンDCには、都心部の西約42キロメートルに位置するワシントン・ダレス国際空港と、南約5キロメートルに位置するワシントン・ナショナル空港があり、前者は国際線と長距離国内線の発着に使用されている。教育でも重要な役割を果たし、ジョージタウン大学、ジョージ・ワシントン大学、ハワード大学、アメリカン大学がある。人口は1990~2000年に約6%減少し、逆に大都市圏人口は同じ期間に約13%増加し、都市内から郊外への人口流出が顕著である。都市内のアフリカ系アメリカ人人口率は61.3%(2000)で、合衆国の大都市のなかでは最高である。
 ワシントンDCはどの州にも属さず、連邦政府の直轄地であるため、連邦上院・下院のコロンビア特別区委員会が特別区の行政を監督しているが、1970年代中ごろからその監督権は制限され、住民の選んだ市長と市議会が行政と条例制定を担当している。61年には大統領選挙の投票権を与えられ、78年にはワシントンDCから2名の上院議員と少なくとも1名の下院議員を選出する憲法修正法案が議会を通過したが、わずか16州の賛成しか得られず、廃案となった。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android