コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三会 さんえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三会
さんえ

諸仏が衆生を救うために法を説く三大説法会のこと。「さんね」とも読む。弥勒仏の三会は竜華 (りゅうげ) 三会ともいわれ,釈尊の教化に漏れた衆生を仏滅後 56億 7000万年後に現れて救済するという。また日本では南京 (なんきょう。奈良) および北京 (ほっきょう。京都) で行われた三大勅会をいう。禅宗では鐘または鼓を 36打つのを一会とし,これを3度繰返して 108打つのを三会と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐え〔‐ヱ〕【三会】

連声(れんじょう)で「さんね」とも》仏語。
仏が成道(じょうどう)後に、衆生済度(しゅじょうさいど)のために行う3回にわたる説法。
弥勒菩薩(みろくぼさつ)釈迦(しゃか)入滅の56億7000万年後に兜率天(とそつてん)から人間界に下って、竜華樹(りゅうげじゅ)の下で悟りを開き、衆生のために三度にわたって説くという説法の会座。竜華会竜華三会
南京(なんきょう)(奈良)で行われた三大法会。興福寺維摩会(ゆいまえ)薬師寺最勝会、宮中大極殿御斎会(ごさいえ)。また、興福寺の維摩会法華会に、薬師寺の最勝会を加えていう。三大会
北京(ほっきょう)(京都)の三大法会。天台宗の法会で、円宗寺法華会最勝会法勝寺大乗会。三大会。

さん‐ね〔‐ヱ〕【三会】

さんえ」の連声(れんじょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんえ【三会】

〔「さんね」とも〕
〘仏〙
仏が三度大法会ほうえを開き、衆生しゆじよう済度の説法をすること。多く弥勒仏みろくぶつの竜華三会りゆうげさんえをいう。
奈良の南京三会。興福寺の維摩会ゆいまえと薬師寺の最勝会と大極殿の御斎会ごさいえ。三大会。
京都の北京ほつきよう三会。法勝寺の大乗会と円宗寺の法華会および最勝会。三大会。
禅宗で、鐘または鼓を三六回打つのを一会、一〇八回打つのを三会という。

さんね【三会】

「さんえ(三会)」の連声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三会
さんえ

三度にわたる法会(ほうえ)または3種の法会。「さんね」ともいう。日本の代表的三大勅会(三会)には南京(なんきょう)三会と北京(ほっきょう)三会がある。
(1)諸仏成道(じょうどう)ののち衆生済度(しゅじょうさいど)のため行われる3回の法会。弥勒菩薩(みろくぼさつ)の龍華(りゅうげ)三会(または弥勒三会)は名高く、弥勒菩薩がこの世に下生(げしょう)して人々を救済するために行われるという法会で、仏滅後56億7000万年の未来に予定されている。
(2)南京三会。南都の三種大法会、すなわち興福寺維摩会(ゆいまえ)、宮中御斎会(ごさいえ)、薬師寺最勝会(さいしょうえ)を称する。維摩会は706年(慶雲3)始修、714年(和銅7)興福寺移修、834年(承和1)以後恒例の法会となった。御斎会は768年(神護景雲2)宮中で始修され、813年(弘仁4)以後内論義(うちろんぎ)が加えられた。最勝会は830年(天長7)薬師寺で始修された。宣下(せんげ)して三会で講師を勤めた者を僧綱(そうごう)に任ずるとして以来、三会は比肩するもののない盛儀となった。
(3)北京三会。京都法勝寺(ほっしょうじ)大乗会(だいじょうえ)(1077始修)、円宗寺法華会(ほっけえ)(1116)、同最勝会(1082)を称する。講師は南京とは別に、まず僧綱に任じられたのち三会を遂講するものとされた。[西山蕗子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三会の関連キーワードF.J. ハイラーカタリナ[シエナ]アンジェラ・メリチサレジオ会弥勒信仰竺雲等連僧綱補任衆生済度天台三会南京三会コレット慈尊三会弥勒三会御忌会竜華樹第三会兜率天済度連声禅喜

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三会の関連情報