三野(徳島県)(読み)みの

  • 三野
  • 徳島県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳島県北西部、三好郡(みよしぐん)にあった旧町名(三野町(ちょう))。現在は三好市の北東部を占める一地域であるが、他の地域とは、東みよし町を挟んで飛地となっている。旧三野町は、1924年(大正13)町制施行。2006年(平成18)池田、山城、井川の3町および東祖谷山(いややま)、西祖谷山の2村と合併、市制施行して三好市となった。讃岐(さぬき)山脈南麓(ろく)、吉野川北岸の小扇状地上に立地する。『和名抄(わみょうしょう)』の三野郷の地。中心地区は撫養(むや)街道に沿う芝生(しぼう)。ハッサクやクリ、シイタケなどの林産物もある。山間の集落ではかつて北の真鈴(ますず)峠を越えて、讃岐(香川県)への通婚が多く、また香川県の農家へ出稼ぎに行く借耕牛(かりこうし)の習俗が昭和30年代まであった。加茂野宮(かものみや)地区の滝寺(たきじ)は鎌倉時代の創建で、木造聖観音(しょうかんのん)立像は国指定重要文化財。

[高木秀樹]

『『新編三野町史』(2005・三野町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android