中村勘三郎(13代)(読み)なかむら かんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勘三郎(13代) なかむら-かんざぶろう

1828-1895 幕末-明治時代の歌舞伎役者,座元。
文政11年生まれ。12代中村勘三郎の子。嘉永(かえい)4年13代勘三郎を襲名し,中村座座元となる。幕末からつづく経営不振のため明治8年3代中村仲蔵(なかぞう)に座元をゆずって引退した。明治28年10月29日死去。68歳。江戸出身。初名は中村伝蔵(3代)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android