コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八千代[市] やちよ

百科事典マイペディアの解説

八千代[市]【やちよ】

千葉県北西部,下総(しもうさ)台地上の市。1967年市制。中心市街の大和田は近世以来成田街道宿場町であった。第2次世界大戦後大規模な住宅団地が造成され,1950年代以降京成電鉄に駅も新設され,東京の住宅都市として発展,1996年に東葉高速鉄道が開通した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やちよ【八千代[市]】

千葉県北西部,下総台地西部の市。1967年市制。人口15万4509(1995)。中心の大和田は成田街道の宿場町であった。関東大震災後,東京にあった乳業会社の牧場がここに移転したことから酪農地として発展した。近年は市域南部を通る京成電鉄の沿線に八千代台,米本(よなもと),勝田台,村上,高津などの大住宅団地が建設され,東京への通勤者が激増し,県内屈指の人口増加地域となった。また市域の平地林には1960年以降工業団地が造成され,金属・機械工業が立地した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

八千代[市]の関連キーワード下総

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android