コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十日町(市) とおかまち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十日町(市)
とおかまち

新潟県南部、信濃(しなの)川上流にある十日町盆地の中心をなす織物の町。1954年(昭和29)十日町と中条(なかじょう)、川治(かわじ)、六箇(ろっか)の3村が合併して市制施行。同年吉田村を編入。2005年(平成17)中魚沼(なかうおぬま)郡川西(かわにし)町、中里(なかさと)村、東頸城(ひがしくびき)郡松代(まつだい)町、松之山(まつのやま)町を合併。古くは妻有庄(つまりのしょう)とよばれ、現在はJR飯山(いいやま)線、北越急行ほくほく線が通じ、国道117号、253号の交差する交通の要衝になっている。近世、高田藩の魚沼八組の割元(わりもと)町として栄え、近世中期以後は会津預領の陣屋町が置かれた。この間、魚沼地方の名産小千谷縮(おぢやちぢみ)の四大市場の一つになり、盆地内の手織(てばた)縮を集散する問屋町として発展した。近世末には縮が衰退し始めたので、1820年(文政3)ころから高機(たかはた)を導入した絹縮の透綾(すきや)織にかわり、近代は「十日町明石(あかし)」の名で「東の西陣(にしじん)」とよばれる高級絹織物産地に発展した。高位段丘と豪雪地帯で有名な十日町は、例年2月の第3金~日曜日に「雪祭り」が行われる。雪の芸術展と着物ショーを中心に、鳥追(とりお)い、ほんやら洞(どう)、十日町太鼓などの雪国の民俗行事が盛大で、全国から48万人の観光客を集めている。また、高位段丘面は原(はら)とよばれる高原台地で、雑穀、杉苗、イチゴの特産がある。1999年(平成11)、深鉢形土器群(火焔型、王冠型を含む)などの笹山遺跡出土品は新潟県初の国宝に指定された。越後(えちご)縮の紡織具および関連資料は国の重要有形民俗文化財に指定され、前述土器群とともに十日町市博物館に収蔵されている。塩ノ又(しおのまた)、二ツ屋温泉もあり、ともに十日町そばが名物で、観光の町としても名高い。面積589.92平方キロメートル(一部境界未定)、人口5万8911(2010)。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十日町(市)の関連キーワード新潟県十日町市松之山五十子平新潟県十日町市松之山藤内名新潟県十日町市松之山上鰕池新潟県十日町市松之山観音寺新潟県十日町市松之山下鰕池新潟県十日町市松之山大荒戸新潟県十日町市松之山猪之名新潟県十日町市松之山天水越新潟県十日町市松之山天水島新潟県十日町市松之山黒倉新潟県十日町市松之山赤倉新潟県十日町市松之山新山新潟県十日町市松之山小谷新潟県十日町市松之山坂下新潟県十日町市松之山東山新潟県十日町市四日町新田新潟県十日町市松之山光間新潟県十日町市松之山橋詰新潟県十日町市松之山東川新潟県十日町市松之山坪野

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十日町(市)の関連情報