協和[町](読み)きょうわ

百科事典マイペディアの解説

協和[町]【きょうわ】

秋田県中央部,仙北郡の旧町。山林が広い。河川流域は水田地帯となっており,良質米を産する。野菜,タバコなどの栽培も行う。奥羽本線秋田自動車道,国道13号線が通じる。2005年3月大曲市,仙北郡神岡町,西仙北町,中仙町,仙北町,太田町,南外村と合併し市制,大仙市となる。247.74km2。8971人(2003)。

協和[町]【きょうわ】

茨城県西部,真壁郡の旧町。小貝(こかい)川左岸の低地を占める。米作,園芸が盛ん。スイカは特産物。水戸線が通じ,新治(にいはり)廃寺跡(史跡)がある。2005年3月下館市,真壁郡関城町,明野町と合併し市制,筑西市となる。36.24km2。1万7096人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうわ【協和[町]】

秋田県中部,仙北郡の町。人口9615(1995)。町域の80%以上は出羽山地に属する山地からなる。中心は近世羽州街道の宿場町であった境で,角館に至る繫街道を分岐する。周辺には近世初期に発見された荒川鉱山をはじめ鉱山が多かったが,現在すべて閉山した。町の主産業は農林業で米作,畜産のほか,峰吉川地区のハクサイ,小種地区のタバコなどの畑作も盛ん。シイタケの栽培も行われている。1981年,隣接の雄和町に秋田新空港が開設され,周辺では企業誘致が進められている。

きょうわ【協和[町]】

茨城県西部,真壁郡の町。人口1万7365(1995)。町域の大半は台地で,西縁を流れる小貝川を境に下館市に接する。古代に新治郡(のち真壁郡)の郡衙(ぐんが)が置かれた地で,中世には伊勢神宮領小栗御厨(みくりや)の中心地となった。ビニルハウスによる野菜生産が盛んで,キャベツ,スイカなどを産し,特に小玉スイカは全国的な産地である。JR水戸線,国道50号線が通り,下館市などへの通勤者が多い。新治郡衙跡や郡寺とされる新治廃寺跡は国の史跡に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android