収束[気流](読み)しゅうそく[きりゅう](英語表記)convergence

翻訳|convergence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

収束[気流]
しゅうそく[きりゅう]
convergence

風の流線が一点または線に沿って集まっていること,およびその気流。ある一定の領域に入ってくる空気が出ていく空気より多いとき,この領域内で気流が収束する。地上気圧の下降しているところでは収束気流が起こり,そこに空気が蓄積し,余分の空気は上昇気流となる。収束点や収束線の付近では,上昇気流のため雲が発生し天気が悪い。また谷間(たにあい)などで風が吹き集まるところなどにも収束気流は起こる。(→発散

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android