コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静まる/鎮まる シズマル

デジタル大辞泉の解説

しずま・る〔しづまる〕【静まる/鎮まる】

[動ラ五(四)]
物音がやんで静かになる。「会場が―・る」
勢力が衰える。威力がなくなる。「火事が―・る」「嵐が―・る」
騒動や混乱がなくなる。平穏になる。「動乱が―・る」
気持ちの乱れやからだの痛みなどがなくなる。「怒りが―・る」「動悸(どうき)が―・る」「歯痛が―・る」
神霊が鎮座する。「太古より―・ります御霊(みたま)」
態度などが落ち着く。
「人の気色見つべく―・れるを」〈空蝉
寝入る。
「人―・るほど夜いたくふけて」〈新古今・恋三・詞書
[補説]345は多く「鎮まる」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

静まる/鎮まるの関連キーワード治まり・納まり・収まり冷める・醒める治まる・収まる静める・鎮める静まる・鎮まる凪ぐ・和ぐ草木も眠る腹が居る落ち居る中障子赤間関定まる和らぐ和まる粛然騒ぎ日蓮人定湿る胎動

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android