コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大滝[温泉] おおたき

2件 の用語解説(大滝[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大滝[温泉]【おおたき】

秋田県大館市,米代(よねしろ)川の左岸に臨む。含食塩硫化水素泉。69℃。湯量豊富で,旅館のほか寮や保養所が多い。付近はスキーの適地。花輪線大滝温泉駅の東300m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおたき【大滝[温泉]】

秋田県北部,大館市の南東部,米代川に臨む温泉。発見は1500年前という伝説もあり,江戸時代には秋田藩主も訪れた。春の桜,秋の紅葉,冬はスキーも楽しめる閑静な温泉で,大館市の奥座敷としての利用も多い。食塩泉,61℃。対岸の五輪台にも温泉が開発されて,温泉街は拡張,秋田労災病院はじめ,各種保養施設の数は県内一で,近年にぎわいを呈してきた。付近の十二所は中世後期の城下町で,のち南部藩に接する要地として,秋田藩の所預(ところあずかり)がおかれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大滝[温泉]の関連キーワード阿仁川大館市大館盆地鷹巣能代平野米代川大館北秋田ひない大館市日

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone