宿泊客の激減と支援策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県がまとめた今年5月の観光動向調査によると、調査対象のホテル・旅館85施設の宿泊客数は計3万2973人で、前年同月比89・3%減。このうち外国人は418人で、同98・5%減と大きく落ち込んだ。は支援策として、県民1人あたり1万円分の宿泊券を発行する事業を始めた。だが、ビジネスの宿泊を対象から除くため、申し込み条件を「1室2人以上」に限定し、県議会で「業界が困窮している中の救済策用途人数を限るべきではない」との批判続出。第2弾で「1室1人から利用可」と改めるなどしたが、今回のクラスター発生で6日、事業の「一時停止」を発表した。

(2020-07-08 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android