コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚巻(2) あげまき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

揚巻(2) あげまき

?-? 江戸時代中期の遊女。
江戸吉原三浦屋の抱え。「世事百談」によると,3代までいたといわれる。上方で評判の助六物にあやかって正徳(しょうとく)3年(1713)江戸で初演され,「花館愛護桜(はなやかたあいごのさくら)」で張りと意気地の江戸遊女の典型として,助六の相手役に擬された。総角ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android