日野(町)(読み)ひの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野(町)(滋賀県)
ひの

滋賀県中東部、蒲生郡(がもうぐん)にある町。1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)東桜谷(ひがしさくらだに)、西桜谷、西大路(にしおおじ)、鎌掛(かいがけ)、南比都佐(みなみひづさ)、北比都佐の6村と合併。鈴鹿山地(すずか)の西麓(せいろく)にあり、大部分は山地と古琵琶湖(びわこ)層群の丘陵で、日野川と佐久良川(さくらがわ)の段丘上に集落が立地する。近江鉄道(おうみてつどう)本線、国道307号、477号、日野水口(みなくち)道路(グリーンバイパス)が通じる。天文(てんぶん)年間(1532~1555)には蒲生氏の城下町として発達、鞍(くら)や鉄砲の生産で著名であった。また「日野屋」と称する近江商人の出身地としても有名で、その伝統は今日にまで継承されている。米作と畜産を中心とする農業と林業のほか製薬業が盛ん。住宅団地や工業団地も造成されている。鎌掛谷のホンシャクナゲ群落、熊野のヒダリマキガヤなどの国指定天然記念物がある。面積117.60平方キロメートル、人口2万1873(2015)。[高橋誠一]
『『近江日野町志 復刻版』全3巻(1986・臨川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日野(町)の関連情報