日野[市](読み)ひの

  • 日野

百科事典マイペディアの解説

東京都中部の市。1963年市制。多摩川南岸の沖積地と多摩丘陵にまたがる。中央線,京王線が通じる。中心市街は江戸時代甲州道中渡し場,宿場町として発達。昭和30年代から大規模住宅団地が開発され,首都圏の衛星都市として発展。工業団地も造成され,自動車,フィルム,電機,時計などの大工場があって多摩地区で上位の製造品出荷額9393億円(2003)を上げている。高幡不動尊,多摩動物公園,百草(もぐさ)園がある。27.55km2。18万52人(2010)。
→関連項目実践女子大学船木田荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

東京都中西部の市。1963年市制。人口16万6537(1995)。立川市と八王子市の中間に位置し,多摩川と浅川の合流点付近の低地,両河川に挟まれた日野台,および浅川南岸の多摩丘陵からなる。江戸時代に甲州道中の宿駅として発達したところで,昭和初期までは低地で米,梨,台地と丘陵部では養蚕栽培が行われる農村地帯であったが,昭和10年代より台地上に精密機械,自動車,フィルム,電気などの工場が次々に立地し,工業化が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android