コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉[町] いたくら

百科事典マイペディアの解説

板倉[町]【いたくら】

群馬県南東端,邑楽(おうら)郡の町。利根川渡良瀬(わたらせ)川にはさまれた低地にあり,米作中心の穀倉地帯だったが,現在は施設園芸も盛ん。しばしば水害を受け,水塚(みづか)や揚げ舟をもつ家が多い。
→関連項目板倉氏

板倉[町]【いたくら】

新潟県南西部,中頸城(なかくびき)郡の旧町。西部は高田平野の水田地帯,東部は長野県に続く丘陵地で小集落が散在。主集落の針は飯山街道沿いの在郷町から発達した。米,野菜のほかカキ,シイタケを特産,酪農も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いたくら【板倉[町]】

群馬県南東端,邑楽(おうら)郡の町。人口1万5533(1995)。埼玉県,栃木県と接する。北縁を渡良瀬川,南縁を利根川が流れ,かつては板倉沼など大小の池沼が散在した低湿地帯で,水害常襲地であった。明治時代中~後期には足尾鉱山鉱毒で大きな被害を受けた。1917年の渡良瀬川の流路変更,28年の排水機場設置により,低湿地の干拓,水田化が進められ,群馬の穀倉と呼ばれるまでになった。70年代に施設園芸が急増し,野菜の生産額が米を上回った。

いたくら【板倉[町]】

新潟県南部,中頸城(なかくびき)郡の町。人口7843(1995)。北西部は高田平野南部,荒川(関川)北岸を占め,南東部は東頸城丘陵で黒倉山を隔てて長野県に接する。古くから開発が進んだ地域で,《和名抄》に板倉郷の名がみえる。中心集落の針は近世に関田峠を越え野沢温泉に出る関田街道の要衝で,中江用水上江用水によって開田が進められた頸南穀倉地帯の中核をなす。中心産業は稲作であるが,小規模経営の農家が多く,新井市上越市などへの通勤者も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android