コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

からり カラリ

デジタル大辞泉の解説

からり

[副]
引き戸などをすばやく開ける音を表す語。「格子戸をからりと開ける」
堅い物が触れ合って立てる軽い音を表す語。「鉛筆がからりと転がる」
明るく、広々としているさま。「雲一つなくからりと晴れた空」
湿り気がなくて、気持ちのいいさま。「てんぷらをからりと揚げる」「洗濯物がからりと乾く」
性格が明朗で、さっぱりしているさま。「からりとした人柄」
記憶やこだわりの気持ちがすっかりなくなってしまうさま。「約束をからりと忘れてしまう」
事態が一変するさま。
「池の端の行き違いより―と変わりし源太が腹の底」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
堅い物が触れあったり、ころがったりして立てる音を表す語。 「箸が-と床に落ちる」
戸や障子などを軽く勢いよく開け放つさま。 「障子を-と開ける」
すっかり変わるさま。 「流しの方は-と片付いて/彼岸過迄 漱石
明るくなるさま。 「空も-と晴れ上がった」
よく乾いたさま。 「 -と乾いた洗濯物」 「天ぷらが-と揚がる」
性格が明るくてさっぱりしているさま。 「 -とした性格」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

からりの関連キーワード愛媛県喜多郡内子町内子日本のおもな郷土菓子天空海闊・天空海濶モンパンシエ夫人ダフニスとクロエ八尾(狂言)けたたましい築地銀だこちんからり佐藤勝三郎矮性台木てんぷら百済有雄後藤祐乗菊池楯衛不動明王南関あげ廓然無聖米山鼎峨田中美津

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からりの関連情報