コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汗顔 カンガン

デジタル大辞泉の解説

かん‐がん【汗顔】

[名・形動]顔に汗をかくほど恥ずかしく感じること。また、そのさま。赤面。「汗顔の至り」
「実に―な事だらけで、何とも言訳の為(し)ようもないが」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんがん【汗顔】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
すっかり恥じ入る・こと(さま)。赤面。 「 -の至り」 「君に対しては、実に-な事だらけで/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

汗顔の関連キーワード寬・漢・乾・冠・函・刊・勘・勧・勸・卷・喊・喚・堪・奸・姦・完・官・寒・寛・嵌・巻・干・幹・悍・患・感・慣・憾・換・敢・旱・柑・桿・棺・檻・款・歓・歡・汗・浣・渙・漢・灌・環・甘・甲・癇・監・看・瞰・竿・管・簡・緘・緩・缶・罐・翰・肝・艦・艱・観・觀・諫・貫・還・鑑・閑・間・関・關・陥・陷・館・鹹奈河彰輔至り

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android