コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後ろ暗い ウシログライ

デジタル大辞泉の解説

うしろ‐ぐら・い【後ろ暗い】

[形][文]うしろぐら・し[ク]
他人からとがめられるようなやましいことをしている。また、やましさを感じている。「何も―・いところはない」
心に裏表があるようにみえる。二心があるようだ。
「君をも―・き御事に思ひ奉りて」〈盛衰記・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしろぐらい【後ろ暗い】

( 形 ) [文] ク うしろぐら・し
内心やましい点がある。うしろめたい。 「私は-・いことはしていない」
行動に裏表があって疑わしい。 「君をも-・き御事に思ひ奉りて/盛衰記 8
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後ろ暗いの関連キーワード怪しい・妖しい・賤しい後ろめたい青天白日傷持つ足清廉潔白明るい暗い二心兢兢弱点潔白

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android