コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消え入る(読み)キエイル

デジタル大辞泉の解説

きえ‐い・る【消え入る】

[動ラ五(四)]
しだいに消えてなくなる。「―・るような声」「夜の闇に―・る人影」
悲しさ、恥ずかしさなどのために人心地がなくなる。どうしてよいのか、身をもてあます。
「―・りつつ、えも言ひやらねば」〈・九〇〉
気を失う。
「夜べ俄(にはか)に―・る人の侍りしにより」〈・真木柱〉
息が絶える。死ぬ。
「年老い、病して、死ぬる刻みになりて、念仏して―・らんとす」〈宇治拾遺・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きえいる【消え入る】

( 動五[四] )
しだいに消えて、なくなる。 「 - ・るような声」
(恥ずかしさ・苦しさなどで)気が遠くなる。人心地がなくなる。 「あるかなきかに-・りつつ物し給ふ/源氏 桐壺
気を失う。また、死ぬ。 「目に見す見す-・り給ひにし事など語る/源氏 浮舟

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消え入るの関連情報