忸怩(読み)ジクジ

デジタル大辞泉の解説

じく‐じ〔ヂクヂ〕【××怩】

[名](スル)深く恥じ入ること。
「吾人、実に―するに堪えざるなり」〈東海散士佳人之奇遇
[ト・タル][文][形動タリ]深く恥じ入るさま。「忸怩として非礼を謝す」「内心忸怩たる思い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じくじ【忸怩】

( トタル ) [文] 形動タリ 
自分のおこないについて、心のうちで恥じ入るさま。 「内心-たる思いであった」 「 -たらざることを得ない/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じく‐じ ヂクヂ【忸怩】

〘形動タリ〙 自分の行ないなどについて、自分で恥ずかしく思うさま。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※カズイスチカ(1911)〈森鴎外〉「佐藤は黙って聴診してしまって、忸怩(ヂクヂ)たるものがあった」 〔書経‐五子之歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忸怩の関連情報