恥ずかしい(読み)ハズカシイ

デジタル大辞泉「恥ずかしい」の解説

はずかし・い〔はづかしい〕【恥ずかしい/羞ずかしい】

[形][文]はづか・し[シク]
自分の欠点・過失などを自覚して体裁悪く感じるさま。面目ない。「成績が悪くて—・い」「字が下手で—・い」
人目につきたくない思いである。気詰まりである。てれくさい。「人前に出るのが—・い」「そんなにほめられると—・い」
相手がすぐれていて気おくれするさま。立派である。
御息所は、心ばせのいと—・しく」〈・葵〉
[派生]はずかしがる[ラ五]はずかしげ[形動]はずかしさ[名]
[類語](1名折れつら汚し赤恥羞恥生き恥死に恥恥さらし顔が潰れる顔に泥を塗る面目ないまり悪いやましい不名誉不面目肩身が狭い合わせる顔がない身の置き所が無い穴があったら入りたい面目次第も無い・汗顔の至り冷汗三斗・冷や汗もの・忸怩顔向けが出来ない/(2気恥ずかしいまり悪い面映おもはゆ照れ臭い晴れがましいしりこそばゆいこそばゆいうら恥ずかしい小恥ずかしいばつが悪いくすぐったい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android