コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恥ずかしい/羞ずかしい ハズカシイ

デジタル大辞泉の解説

はずかし・い〔はづかしい〕【恥ずかしい/羞ずかしい】

[形][文]はづか・し[シク]
自分の欠点・過失などを自覚して体裁悪く感じるさま。面目ない。「成績が悪くて―・い」「字が下手で―・い」
人目につきたくない思いである。気詰まりである。てれくさい。「人前に出るのが―・い」「そんなにほめられると―・い」
相手がすぐれていて気おくれするさま。立派である。
「御息所は、心ばせのいと―・しく」〈・葵〉
[派生]はずかしがる[ラ五]はずかしげ[形動]はずかしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はずかしい【恥ずかしい】

( 形 ) [文] シク はづか・し
(自分の欠点や失敗、あるいは良心のとがめを意識して)他人に顔向けできない気持ちだ。面目ない。 「ぶざまな負け方をして-・い」 「どこへ出しても-・くない実力」 「社会人として-・い行為」
(人前で気持ちがうわずって)どう振る舞ってよいかわからない気持ちだ。照れくさい。 「異性が-・い年頃」 「そんなにほめられると-・い」
(自分が恥ずかしくなるくらい相手が)すぐれている。すばらしい。 「言ひにくきもの…-・しき人の物などおこせたる返りごと/枕草子 110」 → てれくさい(補説欄)
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恥ずかしい/羞ずかしいの関連キーワード聞くは一時の恥,聞かぬは末代の恥聞くは一時の恥聞かぬは末代の恥内に省みて疚しからず穴があったら入りたい旅の恥は掻き捨て恥も外聞も無い顔から火が出るうそ恥ずかしいうそ恥づかし恥じがましい恥ずかし乍ら空恥ずかしい屋漏に愧じず小恥ずかしい気恥ずかしい決まりが悪い心恥ずかしい物恥づかし目恥づかし空恥づかし