深川[市](読み)ふかがわ

百科事典マイペディア「深川[市]」の解説

深川[市]【ふかがわ】

北海道中部の市。1963年市制。中心市街は函館本線,留萌(るもい)本線の交点にあり,道央自動車道が通じる。北空知地方の中心をなす。石狩川が東から西に貫流し,沿岸に田畑が広く開ける農村都市で,米,麦類を産し,農機具,食品などの工業も行われる。納内(おさむない),一已(いちやん)は屯田兵村。529.42km2。2万3709人(2010)。
→関連項目留萌本線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「深川[市]」の解説

ふかがわ【深川[市]】

北海道中部,石狩平野北部の市。1963年深川,一已(いつちやん),納内(おさむない)の3町と音江村が合体,市制。人口2万8770(1995)。神居古潭(かむいこたん)の峡谷を出た石狩川が西流し,雨竜川が南流する。中心の深川は1890年ころ華族農場の一つであった菊亭農場の事務所が置かれた地で,95年には一已と納内に入植した屯田兵500戸が本格的に開拓を進めた。1916年に大正用水,27年には神竜用水が完成して平野の水田化がさらに進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android