清雅(読み)セイガ

デジタル大辞泉の解説

せい‐が【清雅】

[名・形動]清らかで上品な美しさのあること。また、そのさま。「清雅色調の絵」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいが【清雅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
きよらかでみやびやかなこと。清楚で上品なさま。 「人心を鍛錬して-ならしむる/文明論之概略 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐が【清雅】

〘名〙 (形動) 清らかで、みやびやかなこと。清く上品なこと。趣のあること。また、そのさま。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)二「上品の美濃紙に雲母(きらら)をひきたるもよし。〈略〉西の内と云紙あり。これを水打にするか、又は雲母引たるを用れば、これ亦清雅甚し」
※授業編(1783)八「ずいぶん猥褻(わいせつ)に遠ざかり清雅なるやうに作るべし」 〔魏志‐徐宣伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清雅の関連情報