雅びる(読み)ミヤビル

デジタル大辞泉の解説

みや・びる【雅びる】

[動バ上一][文]みや・ぶ[バ上二]優美な感じがする。みやびやかである。「―・びた庭園の趣」
「梅の花夢(いめ)に語らく―・びたる花と我(あれ)思(も)ふ酒に浮かべこそ」〈・八五二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みやびる【雅びる】

( 動上一 ) [文] バ上二 みや・ぶ
〔「宮」に接尾語「ぶ」が付いて動詞化した語〕
優雅な様子をおびる。上品である。 「其文はいたく-・びたれば/小説神髄 逍遥」 「梅の花夢に語らく-・びたる花と我あれ思ふ酒に浮かべこそ/万葉集 852

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android