止ん事無い(読み)ヤンゴトナイ

デジタル大辞泉「止ん事無い」の解説

やんごと‐な・い【止ん事無い】

[形][文]やんごとな・し[ク]《「止む事無し」が一語化したもの》
家柄身分がひじょうに高い。高貴である。「―・い生まれ」「―・いお方」
そのまま捨てておけない。なおざりにできない。のっぴきならない。
「うちにしも―・きことありとて、出でむとするに」〈かげろふ・上〉
なみなみでない。特別である。
「(左大臣ヲ)―・く重き御後見とおぼして」〈・賢木〉
貴重である。
「―・き物持たせて」〈・七〇〉
[派生]やんごとなげ[形動]やんごとなさ[名]
[類語]高貴尊い貴いノーブル貴族的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android