コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白根[市] しろね

百科事典マイペディアの解説

白根[市]【しろね】

新潟県中北部の旧市。1959年市制。越後平野のほぼ中央,信濃川と分流中ノ口川の間を占め,長い間洪水に悩んできたが,1927年信濃川の大河津分水が完成して耕地整理も行われ,越後米の多産地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろね【白根[市]】

新潟県中部の市。1959年市制。人口3万8653(1995)。新潟市の南に位置し,信濃川の下流とその分流中ノ口川に囲まれた南北に細長い輪中(わじゆう)をなす白根郷の大部分を占める。標高2m前後の低湿田地帯のため洪水に悩まされてきたが,1927年信濃川の大河津(おおこうづ)分水(新信濃川)が完成し,耕地整理も行われて越後平野の先進的穀倉地帯となった。また新潟市の近郊農村として,果樹,野菜,花卉などの栽培も盛んで,近年は観光果樹園も人気を呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白根[市]の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android