白根[市](読み)しろね

百科事典マイペディアの解説

白根[市]【しろね】

新潟県中北部の旧市。1959年市制。越後平野のほぼ中央,信濃川と分流中ノ口川の間を占め,長い間洪水に悩んできたが,1927年信濃川の大河津分水が完成して耕地整理も行われ,越後米の多産地となった。中心市街は市場町,河港町として発展,野菜,ナシなどの集散地で特産に仏壇,鎌などがある。国道8号線が通じる。300年の伝統のある6月の凧(たこ)合戦は有名。2005年3月新津市,豊栄市,中蒲原郡小須戸町,横越町,亀田町,西蒲原郡岩室村,西川町,味方村,潟東村,月潟村,中之口村と新潟市へ編入。77.06km2。4万733人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろね【白根[市]】

新潟県中部の市。1959年市制。人口3万8653(1995)。新潟市の南に位置し,信濃川の下流とその分流中ノ口川に囲まれた南北に細長い輪中(わじゆう)をなす白根郷の大部分を占める。標高2m前後の低湿田地帯のため洪水に悩まされてきたが,1927年信濃川の大河津(おおこうづ)分水(新信濃川)が完成し,耕地整理も行われて越後平野の先進的穀倉地帯となった。また新潟市の近郊農村として,果樹,野菜,花卉などの栽培も盛んで,近年は観光果樹園も人気を呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android