コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細波/小波/漣 サザナミ

デジタル大辞泉の解説

さざ‐なみ【細波/小波/×漣】

《古くは「ささなみ」》

細かに立つ波。さざれなみ。
心の小さな動揺。また、小さな争い・不和。「心に不安の―が広がる」「二国間に―が立ちはじめる」
滋賀県の琵琶湖西南沿岸一帯の古称

ささら‐なみ【細波】

こまかくたつ波。さざなみ。さざれなみ。
「風は吹かねども、や、―ぞ立つ」〈梁塵秘抄・二〉

さざれ‐なみ【細波】

[名]
さざ波。
「―浮きて流るる泊瀬川(はつせがは)寄るべき磯のなきがさぶしさ」〈・三二二六〉
さざ波がしきりに、または、絶えず立つところから、「しくしくに」「やむ時もなし」「間(ま)なく」「しきて」などを導く序詞として用いる。
「千鳥鳴く佐保(さほ)の川瀬の―やむ時もなし我(あ)が恋ふらくは」〈・五二六〉
[枕]さざ波が立つ意から、「立つ」にかかる。
「―立ちても居ても」〈・三九九三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

細波/小波/漣の関連キーワード立つ波さざ波御稲

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android