コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細波/小波/漣 サザナミ

3件 の用語解説(細波/小波/漣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さざ‐なみ【細波/小波/×漣】

《古くは「ささなみ」》

細かに立つ波。さざれなみ。
心の小さな動揺。また、小さな争い・不和。「心に不安の―が広がる」「二国間に―が立ちはじめる」
滋賀県の琵琶湖西南沿岸一帯の古称。

ささら‐なみ【細波】

こまかくたつ波。さざなみ。さざれなみ。
「風は吹かねども、や、―ぞ立つ」〈梁塵秘抄・二〉

さざれ‐なみ【細波】

[名]
さざ波。
「―浮きて流るる泊瀬川(はつせがは)寄るべき磯のなきがさぶしさ」〈・三二二六〉
さざ波がしきりに、または、絶えず立つところから、「しくしくに」「やむ時もなし」「間(ま)なく」「しきて」などを導く序詞として用いる。
「千鳥鳴く佐保(さほ)の川瀬の―やむ時もなし我(あ)が恋ふらくは」〈・五二六〉
[枕]さざ波が立つ意から、「立つ」にかかる。
「―立ちても居ても」〈・三九九三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細波/小波/漣の関連キーワードさざ波海人小舟浮き寝裁決流るる如し歳月流るる如し善に従うこと流るるが如し滴滴流る細るドナウ川のさざ波

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone