相生(市)(読み)あいおい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相生(市)
あいおい

兵庫県南西部、播磨灘(はりまなだ)に臨む工業都市。1942年(昭和17)市制施行。1954年(昭和29)若狭野(わかさの)、矢野の2村を編入。相生の地名は、一説にもと那波浦(なばうら)(あざ)大浦といったが、12世紀末ごろ大島に城を構えた海老名(えびな)氏の生国相模(さがみ)にちなみ、相生と改め、大島の大の音をとって「おお」と読ませたという。市域は、南北約19キロメートル、東西約7キロメートルと細長く、山地や丘陵が多く、低地は河谷や海岸部にみられるのみである。相生湾は沈水海岸で、湾入が約6キロメートルにも及び、水深6~7メートルの天然の良港。JR東海道・山陽新幹線と山陽本線が通じ、JR赤穂線(あこうせん)を分岐する。また国道2号、250号、山陽自動車道、播磨自動車道が走る。一帯は、古くは秦(はた)氏の支配地で久富保(ひさとみほ)といい、12世紀以降矢野荘(やののしょう)となる。近世には赤穂藩に領知され、のちに一部は諸藩に分轄された。1907年(明治40)に播磨船渠(せんきょ)株式会社(のちの石川島播磨重工業。現、IHI)が創設されてから、造船の町として繁栄した。現在、IHIを中心に、大小の造船関連工業が立地しているが、造船業の構造不況に伴い、脱造船の動きを強め、西播磨テクノポリスの副母都市として先端工業の導入に努めている。海岸部は瀬戸内海国立公園、北部は西播丘陵県立自然公園に属し、初夏に行われるペーロン祭、瓜生(うりゅう)の羅漢(らかん)石仏は珍しい。中世山城の遺構である感状山城跡は国指定史跡。面積90.40平方キロメートル、人口3万0129(2015)[富岡儀八]
『『相生市史』全9冊(1984~1995・相生市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相生(市)の関連情報