碑(漢字)

普及版 字通「碑(漢字)」の解説


常用漢字 14画

(旧字)
人名用漢字 13画

[字音]
[字訓] たていし・いしぶみ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(卑)(ひ)。〔説文〕九下に「豎(た)てたる石なり」とあり、石碑をいう。古くは宮の旁らに立てて、日景をはかり、犠牲をつなぐのに用いたという。墓壙に棺を下ろすとき、石を立てて、上部に(せん)(まるい穴)をうがち、そこから紐で棺を下ろしたが、のちその石に故人の名姓・行実をしるして、碑碣(ひけつ)となった。古い碑にはなおの形式を残している。碑文はのち伝記資料となり、その字は碑学として、帖学とならび書の重要な源流となった。

[訓義]
1. たていし。
2. たてぎ、棺を下ろすときのたてぎ。
3. いしぶみ、碑銘。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 シルス・フムタ 〔立〕 シルス・ツタフ

[熟語]
碑陰・碑学・碑額・碑記・碑碣・碑闕・碑券・碑工・碑刻・碑座・碑誌・碑獣・碑頌・碑帖・碑石・碑洞・碑版・碑表・碑趺・碑文・碑榜・碑・碑銘・碑林・碑誄・碑涙
[下接語]
歌碑・刊碑・旧碑・建碑・古碑・口碑・校碑・高碑・残碑・樹碑・小碑・石碑・折碑・蒼碑・碑・題碑・断碑・篆碑・破碑・拝碑・半碑・墓碑・豊碑・幽碑・立碑・麗碑

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android