コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

5件 の用語解説(界の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい【界】

区切り。境(さかい)。仕切り。「を接する」
限られた社会や範囲。多く接尾語的に用いる。「社交」「文学
《〈梵〉dhātuの訳。部類・要素・基礎などの意》仏語。
㋐人間存在の構成要素として類別の範疇(はんちゅう)となるもの。六根六境六識それぞれを界として、十八界をたてる。
㋑宇宙の構成要素。地・水・火・風・空・識の六大(ろくだい)のこと。六界。
㋒領域または世界。欲界色界無色界の三界。
生物分類学上の基本階級の一つ。の上に位置し、従来は最上位の分類群とされていたが、現在は界の上にドメインという階級が設けられている。
地質年代による地層区分の最大の単位。年代区分の「」に対応し、「」をいくつか集合したもの。古生代中生代新生代の地層を、古生界・中生界・新生界とよぶ。

かい【界】[漢字項目]

[音]カイ(漢) [訓]さかい
学習漢字]3年
空間を分けた区切り。物事のさかい目。「境界結界限界分界臨界
範囲を区切った特定の場所。「界隈(かいわい)外界各界眼界業界苦界(くがい)下界財界三界(さんがい)視界斯界(しかい)世界政界租界俗界他界冥界社交界

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かい【界】

生物を分類する際の最高次の区分。動物界と植物界などに分ける。
地質時代を区分する時の「代」に相当する期間に堆積した地層。例えば古生代に堆積した地層は古生界という。
さかい。区画。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

界の関連情報