コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい【界】

区切り。境(さかい)。仕切り。「を接する」
限られた社会や範囲。多く接尾語的に用いる。「社交」「文学
《〈梵〉dhātuの訳。部類・要素・基礎などの意》仏語。
㋐人間存在の構成要素として類別の範疇(はんちゅう)となるもの。六根六境六識のそれぞれを界として、十八界をたてる。
㋑宇宙の構成要素。地・水・火・風・空・識の六大(ろくだい)のこと。六界。
㋒領域または世界。欲界色界無色界三界
生物分類学上の基本階級の一つ。の上に位置し、従来は最上位の分類群とされていたが、現在は界の上にドメインという階級が設けられている。
地質年代による地層区分の最大の単位。年代区分の「」に対応し、「」をいくつか集合したもの。古生代中生代新生代地層を、古生界・中生界・新生界とよぶ。

かい【界】[漢字項目]

[音]カイ(漢) [訓]さかい
学習漢字]3年
空間を分けた区切り。物事のさかい目。「境界結界限界分界臨界
範囲を区切った特定の場所。「界隈(かいわい)外界各界眼界業界苦界(くがい)下界財界三界(さんがい)視界斯界(しかい)世界政界租界俗界他界冥界社交界

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

界【かい】

地質系統の最も大きな区分単位。地質年代の代に対応する。たとえば古生界は古生代に形成された地層・岩体をさす。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かい【界】

生物を分類する際の最高次の区分。動物界と植物界などに分ける。
地質時代を区分する時の「代」に相当する期間に堆積した地層。例えば古生代に堆積した地層は古生界という。
さかい。区画。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

界の関連キーワード紅灯の巷・紅燈の巷ハイソサエティープロティスタ両部曼荼羅九会曼荼羅紅灯の巷花柳の巷金胎両部結晶粒界地質時代真言両部界磁巻線動物界さかい古生層文学界感覚界植物界差別界可想界

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

界の関連情報