コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カイ

5件 の用語解説(界の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい【界】

区切り。境(さかい)。仕切り。「を接する」
限られた社会や範囲。多く接尾語的に用いる。「社交」「文学
《〈梵〉dhātuの訳。部類・要素・基礎などの意》仏語。
㋐人間存在の構成要素として類別の範疇(はんちゅう)となるもの。六根六境六識それぞれを界として、十八界をたてる。
㋑宇宙の構成要素。地・水・火・風・空・識の六大(ろくだい)のこと。六界。
㋒領域または世界。欲界色界無色界の三界。
生物分類学上の基本階級の一つ。の上に位置し、従来は最上位の分類群とされていたが、現在は界の上にドメインという階級が設けられている。
地質年代による地層区分の最大の単位。年代区分の「」に対応し、「」をいくつか集合したもの。古生代中生代新生代の地層を、古生界・中生界・新生界とよぶ。

かい【界】[漢字項目]

[音]カイ(漢) [訓]さかい
学習漢字]3年
空間を分けた区切り。物事のさかい目。「境界結界限界分界臨界
範囲を区切った特定の場所。「界隈(かいわい)外界各界眼界業界苦界(くがい)下界財界三界(さんがい)視界斯界(しかい)世界政界租界俗界他界冥界社交界

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

界【かい】

地質系統の最も大きな区分単位。地質年代の代に対応する。たとえば古生界は古生代に形成された地層・岩体をさす。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かい【界】

生物を分類する際の最高次の区分。動物界と植物界などに分ける。
地質時代を区分する時の「代」に相当する期間に堆積した地層。例えば古生代に堆積した地層は古生界という。
さかい。区画。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

界の関連キーワード仕切り仕切り板仕切り値段中仕切り一区切り間切り切目句切り仕切り羽間仕切り壁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

界の関連情報