(読み)え

精選版 日本国語大辞典の解説

【絵】

〘名〙 (「え」は「絵」の呉音)
① ものの形や有様、あるいは心の内にあることを、平面上に描き表わしたもの。絵画。
※万葉(8C後)二〇・四三二七「わが妻も画(ゑ)に描きとらむ暇(いつま)もが旅行く吾は見つつしのはむ」
※源氏(1001‐14頃)絵合「うへはよろづの事にすぐれて、ゑを興ある物におぼしたり」
② はたから見て、ある情趣を感じるような有様。光景。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉四〇「サンパンと云ふ船が此処彼処に浮かんで〈略〉帆を上げてゐる。〈略〉日本では見られない絵(ヱ)である」
③ 映画、テレビの映像、画面を俗にいう。
※夢声半代記(1929)〈徳川夢声〉月給十円時代余録「同館上映映画の内、余が印象に最も深き物。〈略〉各々の画(ヱ)に、各々の思ひ出を持つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい【絵〔繪〕】[漢字項目]

[音]カイ(クヮイ)(漢) (ヱ)(呉)
学習漢字]2年
〈カイ〉彩色を施して描いたもの。え。「絵画
〈エ〉に同じ。「絵師絵図絵本絵馬油絵影絵口絵砂絵墨絵錦絵蒔絵(まきえ)浮世絵似顔絵

え〔ヱ〕【絵/画】

物事や情景を、色・線・形などによって、平面上に写し表したもの。絵画。
ある情趣を感じさせるありさま。光景。
「母が乏しい髪を工面して、何うか斯うか髷に結い上げる様子は…夫程見栄のある―ではないが」〈漱石・彼岸過迄〉
テレビなどの画面・映像。「音声だけで、―が出ない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android