コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖徳寺 しょうとくじ

1件 の用語解説(聖徳寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうとくじ【聖徳寺】

名古屋市中区にある真宗大谷派の寺。七宝山と号する。本尊は阿弥陀如来。親鸞の弟子閑善が,師から七種の宝物を授かって開創したという。最初の寺地は美濃国大浦郷(現,岐阜県羽島市)だったが,そののち尾張中島郡内などを転々として,1638年(寛永15)現在地に移った。また1549年(天文18)織田信長が妻濃姫の父斎藤道三と当寺で最初の会見をして,道三のどぎもをぬいた逸話は有名。以後信長は,出陣の際には当寺で軍立ちをしたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖徳寺の関連情報