聖徳寺(読み)しょうとくじ

世界大百科事典 第2版の解説

しょうとくじ【聖徳寺】

名古屋市中区にある真宗大谷派の寺。七宝山と号する。本尊阿弥陀如来親鸞の弟子閑善が,師から七種の宝物を授かって創したという。最初の寺地は美濃国大浦郷(,岐阜県羽島市)だったが,そののち尾張中島郡内などを転々として,1638年(寛永15)現在地に移った。また1549年(天文18)織田信長が妻濃姫の父斎藤道三と当寺で最初の会見をして,道三のどぎもをぬいた逸話は有名。以後信長は,出陣の際には当寺で立ちをしたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android