設立[会社](読み)せつりつ[かいしゃ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設立[会社]
せつりつ[かいしゃ]

会社という一個の団体を形成し,法人を成立させること。原則として準則主義が採用されている。持分会社を設立するには,社員になろうとする者が定款を作成し,その全員が署名または記名押印しなければならない(会社法575条1項)。合名会社の場合は社員の全部を無限責任社員とする旨を,合資会社の場合は一部の社員を無限責任社員とし,その他の社員を有限責任社員とする旨を,合同会社の場合は社員の全部が有限責任社員である旨を,それぞれ記載しなければならない(576条)。持分会社は設立登記により成立する(579条)。株式会社の設立は 1人または複数の発起人によりなされる。発起設立募集設立とがあり,いずれも定款の作成(26条)に始まり設立登記(49条)で完了するが,その設立手続は複雑かつ厳格である(25~103条)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android