手が届く(読み)てがとどく

精選版 日本国語大辞典「手が届く」の解説

て【手】 が 届(とど)

① 手を伸ばすと、目的物に手が達する。
※俳諧・毛吹草追加(1647)上「手のとどく枝の椿や中二階〈宗房〉」
② 十分にゆきわたる。細かい所まで配慮されている。手がまわる。ゆきとどく。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「それ迄は手のとどかぬ所を堪忍
能力権力・勢力・財力などの範囲内にある。自由にすることができる。また、その範囲内に到達する。
浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)「鼻の先に置ながら二人の敵は手が届かず」
④ ある年齢時期などにもう少しで達する。その時がまぢかにせまる。近づく。
※雑俳・たからの(1705)「娌入りする日が手のとどくよな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手が届く」の解説

とど・く

能力の範囲内にある。「高級車にはとても―・かない」
細かいところまで配慮がなされる。行き届く。「かゆいところに―・く」
もうすぐある年齢・時期に達する。「五〇歳に―・く」
[類語]手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近近く目前鼻先指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先身近手近卑近身辺そばかたわわき片方かたえ手もと付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り・ついそこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android