コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身近 ミヂカ

デジタル大辞泉の解説

み‐ぢか【身近】

[名・形動]
自分のからだの近くであること。また、その場所やそのさま。身辺。「愛読書をいつも身近に置く」「危険が身近に迫る」
自分と深い関係にあること。また、そのさま。「身近問題をとりあげる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みぢか【身近】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
自分の体近くにある・こと(さま)。 「 -にある本」
日常慣れ親しんでいる・こと(さま)。 「 -な話題」 「 -に感じる」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

身近の関連キーワード盗人を捕らえて見れば我が子なり負うた子より抱いた子富士サファリパーク餓鬼の目に水見えずみたらしだんごの日言近くして指遠しグラウンドワーク魚の目に水見えず足元から鳥が立つ召し使う・召使う足下から鳥が立つ茱萸袋・胡頽子袋尻に火がつく科負い比丘尼マスコット手回り道具マナーの日灯台下暗し頭の黒い鼠存じ寄り

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身近の関連情報