身近(読み)ミヂカ

  • みぢか・い

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
自分のからだの近くであること。また、その場所やそのさま。身辺。「愛読書をいつも身近に置く」「危険が身近に迫る」
自分と深い関係にあること。また、そのさま。「身近問題をとりあげる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 身に近い場所。からだの近くであること。また、そのさま。身辺。「辞書を身近に置く」
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「大臣を擒(とりこ)にするには先づ身近の秘書官から」
② 自分に関係の深いこと。また、そのさま。
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉一〇「国際的な底ゆれが、たえず身近な問題として感じられてくる」
③ 日常にありふれていること。また、そのさま。「身近なことがらを例にひく」
※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉すぐりの島「ごく身近などこかでいつか確かに見たことのあるなつかしい」
〘形口〙 みぢか・し 〘形ク〙 からだのすぐ近くである。自分のそばに近い。てぢかである。
※能因本枕(10C終)三一七「こてのりわらはを、つきづきしきを、身ちかく呼びよせて」
みぢか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身近の関連情報